「和食」カテゴリーアーカイブ

麻布十番、とらくまもぐらのポテトサラダは味が特徴的

店名:とらくまもぐら
住所:東京都港区麻布十番2-12-7 ラポール麻布十番B1F
電話:03-5441-2511

東京都の麻布十番にあるとらくまもぐらというお店ではポテトサラダが非常に美味しいのです。
とらくまもぐらは、魚や肉を使った料理がメインで、ポテトサラダが売りのお店ではありませんが、ポテトサラダが無茶苦茶美味しいのです。

見た目は普通のポテトサラダでしかありませんが、ポテトサラダにかかっているタレというか、ドレッシングがまた美味で、そのまま食べても美味しいのですが、このタレをつけると美味しさが倍増します。

タレをつけることによって味を変えることができるという特徴がまずありますけど、このポテトサラダのおすすめポイントはそこだけではありません。

ポテトサラダをよく見ると黒コショウがふりかけられており、やや香ばしい味もするのです。
そういった他では味わえないようなポテトサラダの風味が特徴っであり、そこに美味しさも感じられるということが言えます。

ポテトサラダはお店を変えても味があまり変わらないということが言えると思いますけど、このとらくまもぐらのポテトサラダに関しては黒コショウとタレの影響で、他のものとは味が明らかに違っていると思うのです。

ポトトサラダが好きだけど、食べ過ぎてその味に飽きているような人がいれば、新鮮に感じられるこのとらくまもぐらのポテトサラダをおすすめします。

一語一笑(いちごいちえ)、奈良県桜井市にある鮮魚とちゃんこのお店

店名:一語一笑(いちごいちえ)
住所:〒633-0091 奈良県桜井市桜井565-1
電話:0744-43-1518

一語一笑は、ちゃんこをメインとした海鮮がおいしい居酒屋さんです。
玄関を入るとすぐにいけすがあり、三重県などの近海でとれた新鮮な魚が泳いでいます。

お昼はちゃんこも注文できますが、一語一笑おすすめは1800円で味わえる月替わりランチ。
前菜、お刺身、天ぷら、スープ、季節のデザートまでついた豪華な日本料理。

また他にも桶に盛られた本格的割烹じたてのお弁当や、特大ウナギ丸一匹入ったウナギ丼やボリュームたっぷりの海鮮丼がたった1000円で食べられるのもお得感たっぷり。

夜の人気メニューは一語一笑のコース料理。
お造り、天ぷら、ちゃんこがセットになった3500円のどすこいコースや、レディースコースにはミニサラダやデザートも付いた気配りがうれしい。
お座敷で個別に区切られたスペースは、ご家族でもお友達同士、カップルでもゆっくりとした時間を過ごせます。

一語一笑の売りは、生きの良い魚と生きのよい店員さん。
追加注文で声をかけたら店全体から「はいよー」と活気のよい返事が返ってきます。

一語一笑は、初めてきたお客さんでも、昔から馴染みがあるような錯覚に陥ってしまいそうな温かい雰囲気を持ったお店です。
お昼はお友達と、夜は会社の同僚や家族できてもとても快適な空間。
新鮮なお魚とおしゃべりに時間を忘れることができる気のはらない良いお店です。

代々木上原の名店、すし久遠には総理もお忍びで来店!

店名:すし久遠
住所:東京都渋谷区西原3-20-5
電話:03-3468-9096

代々木上原駅から徒歩1分のところにあります。すし久遠さん。
すし久遠は、小さくていかにも隠れ家的な雰囲気のお店で、カウンター席のみ10席ぐらいのお店で当たり前だけど距離が近くて、庶民のわたしは緊張気味でした。

なにやら作家先生のエッセイに登場するような名店なのだそうです。
ますます緊張・・・

本日は予約の際にお願いしていたのだそうで、「おまかせコース」をいただきました。
すし久遠の「おまかせコース」はおつまみ10品、握り10品でおつまみと握りを織り交ぜながらちょうどいいタイミングで提供してくれるスタイルです。
(15000円ぐらいのコース)

まずは久しぶりのクエのお刺身!
地元の九州ではアラと呼ばれていてよく食べていました。
やっぱり美味しいわあ~
鰹の漬けなどお刺身のあと、いよいよ握りです。

まずはコハダから。
実はわたしコハダって苦手で・・・でもカウンターだし、距離近いし、なによりご馳走になっているので言えず我慢して口に・・・
えっ、なにこれうまー!
思ってたそれと全然違い、めっちゃ美味しい!

穴子の白焼きやあん肝、どれもちょうどいい量で美味しくて綺麗で、江戸切子の食器も素敵なんですよね。
握りはうに、中トロ、車海老、いわし、いか・・・まだ他にも数種いただきましたが、全体的に小ぶりで、女性でも食べやすいのが嬉しかったです。
中でもうにと車海老、中トロは美味しかったな~。

すし久遠は、おつまみもどれも素晴らしかったけど、一番印象に残っているのが、茶碗蒸し!
底に梅干しが!かき混ぜるのに抵抗がありましたがやってみて正解、美味しすぎる!

ひとつひとつが上品で上質な時間が過ごせる久遠さん。
すし久遠、自分へのご褒美や大切な人とまた訪れたい、そんな特別なお店です。

姫路市、角清 (かどせ)でリーズナブルで落ち着いた和食ランチ

兵庫県姫路市、広畑駅が最寄のお店・角清 (かどせ) は、知る人ぞ知る和食老舗で、夜は宴会も行える大部屋がある居酒屋、お昼はランチも営業されています。
ランチでは本格的な味を、リーズナブルに楽しむことができます。

価格帯は広く、お刺身などの盛り合わせをつけたければ3000円ほどになりますが、天ぷらやお寿司、にゅう麺など色々なメニューが少しずつ楽しめて、かつボリューミーな、幕ランチ、寿司ランチが各1000円とオススメです。

角清の店員さんの接客態度も良く、足が不自由な高齢な両親と、未就学の子どもを連れてお邪魔したいので、他のお客さんに気を使わないような個室がありますか、と電話予約で尋ねると、団体客の予約が当日入らなければ、お子様が騒いでも大丈夫なように、宴会用の大きな二階にある個室を用意します、と言ってくださいました。

角清の店内は静かで落ち着いていて、トイレも他のお客さんに気兼ねなくゆっくり入れる雰囲気です。
お料理の味もお魚の身がしっかりした噛み応えがあって、天ぷらもサクサクの揚げ具合で、親戚一同で集まる際はいつも利用させて頂いています。

角清さんの詳細な情報は以下の通りです。

店名:角清 (かどせ)
住所:兵庫県姫路市広畑区東新町1-42
電話:079-239-1655

久山の大自然の中で堪能する「久原本家 茅乃舎」の絶品だし。

店名:久原本家 茅乃舎
住所:福岡県糟屋郡久山町大字猪野字櫛屋395-1
電話:092-976-2112

数回だけ利用したことがあり忘れられないお店です。
いつかきっとまた訪れたい!そんな特別なお店、久原本家 茅乃舎です。

茅乃舎は、ひっそりと山奥に佇む古民家風のお店で、恐らく一番近いであろう駅はJR篠栗駅でそこから更にタクシーで20~30分ほど走るかもしれません。
車でのアクセスをおすすめしたいです。

福岡方面を背に県道21号線を直方方面に走り、山の神信号で左、猪野信号を右、直進し伊野神社から更に20分ほど走ります。
目印がない山の中です。

そこがまた、この茅乃舎の良さで四季を感じることができます。
夏場は蛍が見られると話していました。

茅乃舎の来店には予約必須です。
入店できない場合があります。

茅乃舎の店内はホール席と個室があり、ホール席は小学生以下のお客様はNG(生演奏が行われるため)なので注意です。
ホール席は木目調で重厚感溢れるとても落ち着いた雰囲気です。
個室(席代3000円)は大きな窓から久山の四季が堪能でき、和室と洋室があります。

お料理は芽コース5400円、葉コース8100円、水炊きコース8640円、蕾コース10500円、花コース15120円、種コース3780円(平日限定ランチ)の6種類あり、種と蕾をいただきました。
久原本家といえば、九州ではお出汁の名店なのですが、さすが久原さん、どれも素材を生かしたお料理ばかりで特に大地の恵みスープは絶品でした。

また、蕾コースではメインをいくつかの中から選択することになっていて、わたしは嘉穂牛の照り焼きステーキにしたのですが、トマトのすき焼きが人気、との事でした。

最後のデザートまで漏れなく上品で美味しく景色や雰囲気もお料理の一部となっており、自分へのご褒美にぴったりな空間だと思います。
会食やデート、女子会や法事、祝事など、茅乃舎はどのシーンにもおすすめできるお店です。

上野、まぐろ人 御徒町出張所、低価格で食べられるお寿司。

まぐろ人は、立ち食い寿司で有名な店舗です。
店内は10名ほどで満杯になりコンパクトなお店のつくりになっています。

まぐろ人 御徒町出張所で、お勧めなのが平日限定のランチセットです。
お店おすすめのお寿司10貫+巻物+お椀で1000円価格で、とてもお手頃価格でお寿司を楽しむことができます。

また、ランチセットではなくても職人さんが目の前でお寿司を握ってくれるため、自分の好きなようにお寿司を頼むこともできます。
お寿司一貫当たり140円~400円あたりです。

目の前で職人さんが握ってくれて、鮮度も申し分なく高級寿司と比べてもお寿司のクオリティーの高さがわかります。
目の前に寿司ネタがキラキラ輝いており食欲をそそります。

まぐろ人は立ち食い形式なので、お店の回転が速く、職人さんたちも気前の良い方ばかりなので、楽しんでお寿司を食べることができます。
平日にも関わらず、ランチ時間になるとお店には行列ができ人気の高さがうかがえ、お店の繁盛ぶりがわかるので料理の質に関しては何の問題もないでしょう。

お勧めの寿司ネタはその日によって変わりますが、平日のランチセット1000円という驚きのコスパ、ランチでしか楽しめないので少し贅沢気分を味わいたい人は、ぜひ、まぐろ人 御徒町出張所に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

店名:まぐろ人 御徒町出張所
住所:東京都台東区上野6-3-7
電話:03-3831-3876

北海道旭川市に来たら回転寿司トリトンへ行こう!

店名;回転寿しトリトン 旭神店
住所:北海道旭川市旭神3条5-1
電話:0166607711

旭川市にはたくさんの回転寿司店がありますが、その中でもトリトンは人気ナンバー1です。
トリトンの人気の一つはコストパフォーマンスがとても良いということだと思います。

例を挙げると大人気のサーモン。寿司ネタは1口では食べれないほど大きいのに1皿190円ほどです。
大きいだけではなく脂も乗っていて味も最高です。

東京の知り合いをトリトンに連れて行ったところ、「こんな美味しいお寿司、東京だったら高級寿司店じゃないと食べれない!」と言っていたほどです。
もちろんサーモン以外にも美味しいものがたくさんあります。
季節ごとにオススメのネタがあるのでいつ行っても美味しいものが頂けます。

デザードも美味しいものがたくさんありますが一番のオススメは杏仁豆腐です。
トロトロで美味しいのでぜひ食べていただきたいです。

もう1つ人気の理由は接客の良さだと思います。
店員さんは若い方からご年配パートさんまで年齢層が幅広いですが、共通していえることはみなさんいつも笑顔でハキハキしています。

ホールの方も職人さんもいつも笑顔で丁寧に対応してくれます。
店員さんの接客が良いとまた来店したくなりますよね。

これは変わったサービスですが、トリトンでは同じ値段のお皿のネタなら、1皿の値段で1貫ずつ違うネタを頼めるんです。
例えば1皿にマグロとサーモンを1貫ずつ握ってくれるということです。
いろんな種類を少しずつ食べられるのでお得感があります。

最後に、これだけ魅力に溢れたお店なのでとても混みます。
週末の夕食時なら2時間待つこともあります。

オススメはお昼ご飯に食べることにして、開店30分前くらいから並ぶことです。
私はいつもそうしています。平日なら待ち時間は少し減ると思います。

とても美味しいお寿司を食べれるので、ぜひトリトンに行ってみてください。

魚里、京都府舞鶴市で美味しい海鮮丼が食べられる店。

今日は京都府舞鶴市にある「新鮮処 魚里 (うおり)」をご紹介します。

京都府道28号小倉西舞鶴線(通称・白鳥街道)沿いにある和風海鮮料理のお店で、駐車場には10台ほど止めることが可能。
魚里のお店に入ると、黒を基調とした落ち着いた雰囲気で、カウンター席、テーブル席、座敷席があります。

接客する女性スタッフさんは愛想がよく、質問にも丁寧に答えてくれます。
魚里の定休日は水曜日で、営業時間は昼が11:00~15:00、夜が18:00~21:30。

ただし夜の営業は金・土・日のみとなっているので注意してください。
その日の朝にセリで魚を仕入れるため、海鮮丼などのお刺身を使った料理は昼の12時頃から提供しています。

店名通りメニューには海鮮料理が多く、中でも魚里一番のおすすめは「びっくり海鮮丼」。
その日仕入れたお刺身は鮮度抜群で、なにより甘みのある濃い目のタレが絶品です。

値段は1,480円で、海鮮丼としては決して高くないのも嬉しい。
これのために行列ができるほどの人気メニューです。

定食は種類が豊富で、値段はだいたい800円~1,500円程度。
定食には刺身やフライ、煮つけといった魚料理だけでなく、唐揚げなどの肉料理もあるので、魚が苦手な方でも大丈夫です。
またフライに付いてくるソースに一工夫されていて、目でも楽しめます。

単品モノも充実しており、一押しは「出汁巻き」。
一風変わっていて、ふわふわの卵焼きがアツアツの出汁に浸されています。
何かあと一品食べたいなあってときに注文してみてください。

その日仕入れた鮮魚が味わえる「新鮮処 魚里 (うおり)」。
舞鶴を訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

店名:新鮮処 魚里 (うおり)
住所:京都府舞鶴市福来158-2
電話:0773-76-5745

今よし、大手町で創業60年を迎えた老舗の寿司屋。

東京サンケイビルの地下2階にある老舗の寿司屋「今よし」
昭和32年に創業をして現在は三代目の大将がお店を経営されています。
今よしは、創業60年の老舗の寿司屋ですが、店内は昨年の夏に改装をされており、比較的店内は綺麗でした。カウンター席以外は個室仕様になっております。

カウンター席に座りました。
目の前で職人さんがお寿司を握ってくれるのを見ながら食べられるのが嬉しいところ。
今よしの大将は、人当たりが良いので話しやすく笑顔が素敵な方でした。

料理は、おまかせにしました。
お寿司の前に、煮物、刺身、手のこんだ一品料理など数々。

お寿司については、ひとつづつ丁寧に説明をして頂きました。
秘伝のタレをつけているので、醤油をつけづにそのまま頂けます。
大手町のオフィス街にある老舗の江戸前寿司ですが、銀座のお寿司屋に来たような感覚になりました。

中でも、今よしオススメ料理は「煮穴子」です。
穴子は、ふわっとして柔らかい食感。

料金は1人、8,000円。この内容で1万円を下回るので接待で利用しても喜ばれる内容だと思います。
お店の情報はこちらになります。

店名:今よし
住所:東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル B2F
電話:03-3231-6007