「鉄板焼き」カテゴリーアーカイブ

ねぎ焼やまもと 本店、大阪市淀川区十三本町にある行列のできるお好み焼き店

店名:ねぎ焼やまもと 本店
住所:大阪府大阪市淀川区十三本町1丁目8−4
電話:050-3313-2916

大阪では有名なねぎ焼やまもと。
お店の前を通ると、いつも行列ができている人気店です。

いつもは並ぶのが嫌でスルーしていてのですが、これだけ人気であれば一度は食べておかないと。
そんなわけで、並んできました。

ねぎ焼やまもとは、大阪に4店舗ありますが、十三にある本店へ行ってきました。
ちなみにねぎ焼って聞き覚えがない人もいるかと思います。
感嘆に説明すると、ネギをたくさん入れたお好み焼きです。

そして、ねぎ焼やまもと看板メニューがすじねぎで1,210円。
多くの人が注文するメニューですし、初めて来店された方にもおすすめのメニューです。

なぜ、すじねぎが人気なのか。
すじねぎの作り方ですが、ネギを多めにこんにゃくと牛すじを具材として使用します。

これらの具材をもとにネギ焼を作るのですが、生地もひと味違う。
出汁が効いているんです。
そのため、コクがあるんですよね。

ネギ焼は醤油ベースのたれで食べるのですが、このたれもポイント。
生地や具材との相性がばっちりで、ネギ焼の味を引き立ててくれます。
焼き加減も絶妙で、食感も素晴らしい。

お好み焼きなんてどこで食べても一緒だろうと思っている人もいると思います。
そういう人たちに、ねぎ焼やまもとのネギ焼を食べてもらいたいです。

いづも、明石市に行ったら絶対に外せないアツアツの明石焼き店

明石駅近くにある魚の棚商店街には沢山の明石焼きのお店がありますが
その中でおすすめなのが、いづもさんです。

いづものメニューは明石焼きと追加のだしと飲み物だけと言うシンプルさ、明石焼きの自信が伺えます。
飲み物はビールやジュースなどが数種類注文できます。

お店の雰囲気は商店街らしい昔ながらの昭和っぽい店構えで外からも明石焼きを焼いているところが見えるのが食欲をそそります。
いづも店内も飾らない昔ながらの食堂と言った感じです。

やはり、いづもの売りは、明石名物のタコ、そのタコの大きさが贅沢です。
この魚の棚商店街は朝あがった新鮮な魚を売る商店が多数立ち並ぶところです。
その場所柄、本当に新鮮なタコを使っているのでタコのぷりぷりさが違います。

価格は700円。アツアツの明石焼きが15個板に乗ってきます。
大人でも15個あると結構食べ応えがあるのでいつも満足感いっぱいになれます。
下手なレストランに入るよりも美味しくてお得ではないかと思います。

いづも店員さんは基本的にいつも忙しく明石焼きを焼いています。
決して感じが悪いわけではなく、忙しく働きながら焼きあがった明石焼きを運んでくれるという感じ。

とにかく出来立てのアツアツの明石焼きを熱いだしに付けて、火傷しないように一生懸命食べるのが
たまらなく美味しくて、明石に行くと必ず寄らずにはいられない超お気に入りです。

店名:いづも
住所:兵庫県明石市本町1-2-19
電話:078-912-8120

田の久 五日市総本店、広島市佐伯区の地元民に愛され続けるお好み焼きの名店

店名:田の久 五日市総本店
住所:広島県広島市佐伯区五日市中央2丁目1-35
電話:082-921-5399

田の久は、広島風お好み焼きでおいしいところは?と聞かれたら地元では必ず名前があがります。
最寄り駅からは15分ほど歩きますが、駐車場もあるので車での来店も可能です。

田の久は食べ方を鉄板とお皿で選ぶことができ、おすすめはやはり鉄板です。
お勧めメニューは基本の肉玉そばにチーズをトッピングしたものです。

チーズ入りのお好み焼きはどこのお好み焼き屋さんでもだいたいありますが、田の久のチーズは本当にたっぷりです。
表面にまんべんなくかかっていて、鉄板で食べると周りからあふれるチーズが鉄板で焼かれて見た目も味も100点です。

たっぷりのキャベツが甘みいっぱいで野菜ももりもり食べられます。
田の久の値段は、レギュラーのものは¥760ほどでそこにトッピングをつければそれぞれ料金がかかります。

おすすめのチーズは¥230です。
お好み焼きの相場の値段だと思います。

注文をして待っている間もオープンになっている調理場の大きな鉄板でお好み焼きを焼いているのを見ることができます。
持ち帰りもできます。

ネギも大量につけてくれます。
おつまみになる一品料理などもたくさんあります。

田の久の店内はテーブル席と座敷があり、8席ほどなので休みの日は混雑します。

接客は良いです。
アルバイトがほとんどのようで、高級レストランのような雰囲気はありませんが、一生懸命さがよくわかりとても印象が良いです。
取り皿や変えの水も頼めばすぐに持ってきてくれます。

がぶりん土佐山田店、本場の人もファンになる香美市のお好み焼き屋

私は大阪出身で当然ながら、お好み焼きに対しては、並々ならぬ、こだわりを持っています。

そんな私が高知に単身赴任中に出会った、お好み焼き専門店「がぶりん」は関西人の私が参りました!と思ったお店です。
がぶりんのスタイルは自分でテーブルで焼くスタイルで、これも関西人の私にとってはシビれる点です。

ここのお好み焼きの特徴は、生地の旨さです。
がぶりんのお好み焼きの生地は、自己主張はしないながらも、出過ぎずに、ほのかな出汁の味がするところです。

また、焼き上がりは、同じく関西名物のたこ焼きの目指すところと同様に、外側がパリッと焼き上がるのです。
この焼き上がりの秘密は、焼く前に引く油はサラダ油などを使わず、ラードを使っているからなのです。

そのため、焼き上がりがカリッとした食感に仕上がるのです。
また、ラードのおかげで、脂の旨味と風味が引き立ち、美味しさが倍増するのです。

お好み焼きの旨さ以外に、高知ならではの温かみが感じられるお店で、同じ関西出身の同僚とお店に行くたびに、家でお好み焼きを焼いているような錯覚に陥るなぁ、と話しています。
がぶりんの大将はいつも笑顔で元気な明るい土佐っ子、そして、この大将の奥様がとても素敵な方で、我々関西のオッサンのマドンナなような存在です。

お好み焼き以外のサイドメニューは日替わりで、高知らしく酒に合うメニューに趣向がこらされています。
運が良ければ釣り好きの大将が釣り上げた、マグロやプリなどもメニューとして提供されます。

お好み焼き好きの高知の方、または関西出身の方は、ぜひ「がぶりん」に行ってみてください。

店名:がぶりん土佐山田店
住所:高知県香美市土佐山田宝町4-1-35
電話:0887-53-5566

元祖たこ判 小前、香川県三豊市にある安くて美味しい粉物料理

三豊市仁尾町にある元祖たこ判小前は、大判焼きのプレートにたこ焼きを作るという斬新な形の粉物料理です。

一番のオススメ料理は卵たこ判です。
一個の値段が150円です。

こちらの値段設定は先代の小前とし子さんが、小学生のお小遣いでも購入できるように設定した値段です。
そのため地元の小学生がたくさん訪れるお店です。

最近では香川県三豊市が近くの海水浴場をインスタ映えするスポットとして全国的に宣伝している効果もあり、元祖たこ判小前にもたくさんの人が全国各地から訪れています。

卵たこ判以外にも様々な種類のたこ判や通常のたこ焼きなどが販売させています。
また時期によってはかき氷やアイスクリームなども販売しています。
お正月付近になると、お正月料理に欠かせないおもちの販売もしています。

元祖たこ判小前スタッフの接客も非常に気さくな感じです。
家族経営で、時々小学生や中学生も一緒にお手伝いをしているのですが、非常に明るい子供で、見ていて元気をもらえます。

作成しているのは40代の女性で、お客様の目の前でたこ判を作ります。
焼きたてのたこ判は香ばしくて、一度食べたらやみつきになる事間違いないです。
何回でも食べたくなる味です。

店名:元祖たこ判 小前
住所:香川県三豊市仁尾町仁尾辛33-9
電話:0875-82-3189

みかさ、神保町にある美味しい焼きそばの店

最近、もっぱら焼きそば通の間では名店の誉れ高い神保町の焼きそば専門店、みかさ。
メニューは焼きそばのみという潔ぎの良さ。

初めてみかさの焼きそばを食べると、それまでの焼きそばの常識が覆る事間違いありません。

店名:みかさ
住所:東京都千代田区神田神保町2-24-3
電話:03-3239-5110

みかさのオススメメニューは、エビイカ入り焼きそば並盛り(850円)です。
とにかく、みかさの焼きそばはその全ての素材が凝りに凝られています。

中太の太麺は一度茹でてから鉄板の上で焼くという手の込んだもの。
具のイカ、エビは本当にプリプリです。

何と言っても、みかさのソースが美味しい。
深い味わいで一口食べるとソース、麺、具材が口の中でこの上ないハーモニーを奏でてくれます。
ソースのスパイスの効いた香りは本当に癖になりますよ。

お店はカウンター9席だけのこじんまりとした造り。
みかさ店主は、黙々と焼きそばを焼いています。
そしてお客さんも黙々と焼きそばをたぐります。

お店の中の雰囲気は少し張り詰めた空気が漂っていて、小さなお子さん連れのご家族はちょっと敷居が高いかもしれません。

お店はかなりの行列店で外には大行列が出来ています。
ササッと食べてササッと次の人に席を譲るというのがこのお店の暗黙のルールのような気がします。

そんな少し緊張感が漂うお店ですが、是非、一度は食べてみる価値、大いにありますよ。
きっと一度食べると病みつきになる事、間違いないはずです。

のぶ幸、阪急の塚口駅から歩いて5分!店主がカッコいいお好み焼き店

のぶ幸さんらしき店主による鉄板パフォーマンスが魅力的なお好み焼きと鉄板焼きの専門店です。
もともとは、「てんてこ」というお店でしたが、途中から店名が変わって、のぶ幸になりました。

ちなみに、楕円形のカウンターがぐるっと作業場を囲むようになっているタイプのお店です。
荷物がある場合は、うしろに椅子が置いてあったりするので、そちらを貸してもらうこともできます。

なお、お好み焼きは基本キャベツ焼きになりますが、プラス追加料金200円でねぎ焼きにしてもらうことができます。
さらに200円でそばを入れて、モダン焼き風にしてもらうことも可能です。

のぶ幸の看板メニューは、もちろん店名のついたのぶ幸玉です。
のぶ幸玉は、えび・げそ・ぶた・すじこんが入っており、1枚でいろいろな味が楽しめるお好み焼きです。

ソースをかけたあとのマヨネーズも繊細にかけてもらえて、まるで芸術のように見えてくるのが職人技なのでしょう。
あと、鉄板メニューの豆腐ステーキとにんにくの芽かっぱスジ塩焼きは、両方ともおいしくて、ビールとの相性がばっちりでした。

さらに、ごはんものも、いろいろあって目移りしてしまいましたが、バター焼き飯とそばめしをいただくことにしました。
全然シメにならないくらい、いくらでも食べられます。

店名:のぶ幸
住所:兵庫県尼崎市塚口町1丁目18-17
電話:06-6421-8180

浅草ナンバー1もんじゃの店、江戸もんじゃひょうたん

店名:江戸もんじゃひょうたん
住所:東京都台東区浅草1-37-4
電話:03-3841-0589

江戸もんじゃひょうたんが、浅草で一番おいしいもんじゃを食べさせてくれるのではないでしょうか。
テレビなどでも頻繁に紹介される老舗のもんじゃ焼き店です。

こちらの江戸もんじゃひょうたんで、もんじゃをいただくまでは、私は正直もんじゃの美味しさが分かりませんでした。
私にもんじゃの美味しさを気付かせてくれたお店に感謝です。

江戸もんじゃひょうたんは、いつ行っても混んでいて、順番待ちをしないで入れることはまずありません。
店頭の用紙に名前を書き込んでから、周辺を散策しても良いかもしれません。

特選もんじゃが、江戸もんじゃひょうたん一番人気だと思います。
お値段は1,550円。

他には、明太もちチーズもんじゃも人気です。
こちらは1,200円。

カレーやマーボー、みそなどの変わりもんじゃも置いてあります。
具材の少ないものは600円ほどから食べられます。

お好み焼きや焼き麺などもありますので、みんなでいろいろ頼んでワイワイやるのが正解ですね。
美味しいもんじゃでビールをあおると、もう至福の時です。

江戸もんじゃひょうたんの店員さんは、いかにも下町という感じのあっさりした対応です。

感じが悪いのではありません、余計な口出しはしませんよというスタンスです。
作り方が分からないなど聞けばなんでも親切に教えてくれます。

橋野食堂、岡山県津山市の有名B級グルメ ホルモンうどん発祥の店

店名:橋野食堂
住所:岡山県津山市川崎549-9
電話:0868-26-0502

橋野食堂は、岡山県津山市に出張に行った際に昼食で伺いました。
津山市の有名なホルモンうどんの発祥のお店という事で、凄く期待して行きました。
橋野食堂は、東津山駅の近くにお店があり、創業120年を超える老舗食堂という事で、お店の見た目も年季が入ったものでした。

店内は、それ程広い訳ではなく、4~5席のテーブル席と店の奥には3席程お座敷があります。
また、橋野食堂には所狭しと有名人の写真やサイン、雑誌の切り抜きが飾ってあります。

橋野食堂の料理は、うどんや丼などメニューは沢山ありますが、やはり有名なホルモンうどんを注文しました。
辛さは3段階から選ぶ事が出来るのですが、取り敢えず普通を選びました。

さらに、量も1~2玉を選ぶ事が出来るのですが、その価格差が100円だったので、2玉にしました。
価格は、1玉が790円、2玉が890円です。

味は、味噌が効いたソースが味付けのベースで、ネギやもやしといった野菜が入っています。
ソースは、ホルモンにもしっかりと染み込んでいて、その歯ごたえと一緒に食べるうどんが今までに食べた事の無い感覚で、美味しかったです。
有名人が沢山訪れている訳も分かりました。

ただ、橋野食堂の駐車場の位置が分かりにくかったので、お店の前に場所を張り出して欲しかったです。

山海苑、西武池袋線東長崎駅から徒歩5分の鉄板焼き屋

店名:山海苑
住所:東京都豊島区南長崎5丁目17-14
電話:03-5982-8355

山海苑は、お好み焼きやもんじゃ焼きをメインに取り扱う鉄板焼き屋です。
西武池袋線東長崎駅から徒歩5分程で到着するのでアクセスも抜群です。

メイン料理はお好み焼きともんじゃ焼きですので、その中から初めて来店させる方への山海苑おすすめ料理は、お好み焼きなら『ミックス玉天』を、もんじゃ焼きなら『スペシャルもんじゃ』です。
どちらも数種類の具材が入っているので一度でいいとこどりが出来てお店のレベルを図るには十分な料理です。

また、前菜系とデザート系でのおすすめをあげると『パリジャガときゃべつの旨~いサラダ』と『あんこ巻きアイス添え』です。
パリジャガはじゃがいもを細切りに切ったものを油でカラッと揚げて、それをシャキシャキの千切りキャベツの上に乗せてマヨネーズを満遍なくかけて頂く一品なんですが、パリジャガときゃべつの食感が絶妙で中毒性があります。

山海苑の常連さんや定期的に通っている人はまず間違いなく前菜で注文する一品です。
あんこ巻きは、生地を鉄板で程よく焼いた中にあんこを乗せて包みアイスを添えた一品なんですが、生地の焼き加減が絶妙でアイスも一緒に食べるとあんこと生地とアイスが三位一体で味覚を刺激して、後味もすっきり食べられます。

昭和58年に創業してから地域の方々に愛され続けて、山海苑は今もなお人気店である所以は、料理のクオリティはもちろんのこと、人情味のある接客も重要な要素であると考えます。
数年間常連として通い続けている人を何人も知っています。
池袋方面へお出かけの際は是非、池袋駅から2駅の東長崎駅で下車し、風情ある商店街を歩いて山海苑へ行ってみて下さい。