「酒場」カテゴリーアーカイブ

福岡県の居酒屋、竹乃屋 仲原店はリーズナブルでおいしい!

店名:竹乃屋 仲原店 柚子の居酒屋
住所:福岡県糟屋郡粕屋町仲原2763-3
電話:092-626-8868

竹乃屋は、土曜日の夜に主人と1歳の子どもと3人で初めて利用しました。

予約をしていたためスムーズに入れましたが、土曜日の夜というのもあってお客さんが多く、予約でお席が全部埋まっているとの説明書きがありました。
2階のお部屋へ案内され、半個室の掘りごたつのお席でした。

まず飲み物を注文しましたが、竹乃屋はソフトドリンクが200円~290円程で安く、グラスが小さいわけでもなくいっぱい入っていました。
お子様ドリンクが100円だったので、小さなコップに来るのかなと思っていたら、大人と同じグラスに入ってきたので、これで100円はかなり安いと思いました。

竹乃屋は、食べ物のメニューも全体的にリーズナブルで、お造りから串物、一品もの、もつ鍋、ご飯類まで種類も多く、どれも美味しそうで悩みました。
本日のオススメのサザエの造りは、新鮮なサザエがコリコリとして美味しかったです。

1番感動したのは、竹乃屋で噂の卵焼きというもので、卵焼きの中に半熟の卵が入っていて、卵焼きを破った瞬間にとろ~っと半熟卵ができて何とも言えない絶品でした!
子どももパクパク食べていました。

店員さんの接客も明るく、子ども用の椅子や食器もすぐ持って来てくださり、気持ちが良かったです。
竹乃屋、また利用したいと思います。

沖縄県北谷町SEA GARDEN、異国の雰囲気と共にロマンチックディナー

このお店、SEA GARDENは夜の飲食店としては、私的には沖縄で一番良い場所だと言えます。
ロケーションも海の目の前なので夕日を見ながら早いディナーを食べれますし、外のテラス席からは、波の音を聞きながら、最高な景色を眺めながら最高な食事を食べれます。

中でもSEA GARDENのおすすめの料理は、沖縄パエリアというものです。
小さいサイズと大きいサイズがあるのですが、私はいつも大きいサイズを注文してペロリと食べてしまいます。

SEA GARDENのパエリアはただのパエリアではなく、沖縄ならではの海ブドウがトッピングされていたりと沖縄料理も感じながらパエリアを食べることができます。
お値段は少し高めだといえますが、あの雰囲気や景色もついてくると思うと文句なしです。

また、SEA GARDENは美味しいカクテルがたくさんあり、お酒が好きな人はご飯を食べた後、一晩中いても飽きないくらい良い雰囲気がある素敵な場所です。
この飲食店がある通りにはほかにも色んな飲食店が続いてあり、昼も夜もにぎわっていて外国人の方も多く、ここは外国なのかと思わせてくれるくらい日本からは離れているように感じます。

SEA GARDENの店員さんも英語が喋れるので、外国人のお客さん対応には問題ないですし、笑顔いっぱいの良い店員さんばかりです。

店名:SEA GARDEN
住所:沖縄県中頭郡北谷町港15 シータイムビル2F
電話:098-926-2755

亀楽、京都の阪急西院駅の近くにある美味しい店

店名:亀楽
住所:京都市中京区壬生仙念町25-3
電話:075-842-1556

京都の、阪急西院駅の近くにある、亀楽というお店は、本当に美味しい和食を出してくれるので、超おすすめのお店です。
私は現在37歳で、中学からの友人や、高校からの友人、前の職場の友人と一緒に利用したりしています。

時々ですが、私の家族や、私の両親や、妻の母親と一緒に利用したりしています。
その時々のニーズに応じた部屋があるのが、この亀楽の魅力の一つとなっています。

この亀楽は、カウンターにおばんざいが並んでいて、それを行った時に見て、注文する事も出来ますし、大人数の場合であれば、事前に大皿コースやお鍋のコース、懐石のコース等、その時に集まるメンバーに応じて、料理を頼みわけ出来る事も魅力の一つです。
そして何と言っても、料理一つひとつの味が、本当に美味しいのが、亀楽がおすすめの理由です。

確かに割烹料理屋で、お酒を飲む所なので、少し味は濃い目にはなっているのですが、その濃い目の味も、身体に悪い濃い目ではなく、実に絶妙な濃い目の味になっているのです。
作っている方に話を聞くと、主におばんざいや、料理全般はカウンターに立っている社員の方が作っていて、この店の大将は、奥で、揚げ物やかき揚げ、天ぷら等を作られているとの事です。

亀楽の料理を主に作られている方は、無口で、物静かではありますが、常連になると、気さくに話してくれます。
大将は、人見知りされないのか、最初から気さくに話してくれます。

亀楽の接客は、大学生のアルバイトの方が、丁寧にしてくれています。
とにかくこの店は超おすすめです。

ヒロ サケバー、西宮市津門西口町で全国の日本酒を満喫しよう!

西宮市は酒蔵が多いことでも知られており、市民にとって日本酒は馴染のもの。
そんな舌を超えた市民を満足させてくれる日本酒バーを見つけたので、ご紹介します。
それがこちら、ヒロ サケバー。

店名:ヒロ サケバー
住所:兵庫県西宮市津門西口町2-25
電話:080-4072-9124
営業時間: 17:30~23:00(不定休)

JR西宮駅から徒歩7分ほど。住宅街の中に佇む隠れ家的バーです。
ヒロ サケバーは、ごオーナーが選び抜いた全国の日本酒が揃う店なので、日本酒党にはたまらないお店です。

日本酒は500円前後で用意されています。
また地ビールやワインなども揃えられています。

ヒロ サケバーは、日本酒に合うフードも充実。
ハタハタの炭焼き480円や丸干しイカの炭火焼1000円など、どれも美味しい肴ばかり。
煮つけなども優しい味わいで、ほっとできる一品です。

カウンター席があるので一人でもふらりと立ち寄れるのがよいですね。
ヒロ サケバー店内は、落ち着いた雰囲気で、じっくりと日本酒を味わいたい人にはありがたいお店。
ワイワイ、ガヤガヤといった雰囲気ではなく、しっとりと飲む店です。

時々日本酒セミナーなどのイベントも開催され、飲むだけでなく学んで更に日本酒の世界にひたることのできる素敵なお店です。
小さなお店だからこそできるおもてなしや温かみが、ヒロ サケバーにはあります。

酒造りの蔵人としても活躍するオーナーだからこそ、美味しい銘柄がそろいます。
西宮市には酒造会社は点在しているものの、飲める箇所は意外と少ないもの。

ヒロ サケバーは、日本酒もお料理も日替わりで提供されるため、いつきても違うメニューを楽しむことができます。

大阪市住吉区、仕事終わりに鶏を楽しむなら「鳥貴族我孫子店」。

あびこで仕事が終わってご飯に行きたい…安くてお酒が飲める店といえば鳥貴族我孫子店へ行きましょう。
全品280円という破格の価格でお酒も食べ物も楽しむことができる鳥貴族です。

様々な種類の焼き鳥はもちろん、唐揚げやポテトフライといった定番のつまみから、鳥釜飯やホルモンねぎ塩ポン酢、よだれどり、ふんわり山芋の鉄板焼き、とり雑炊など様々なメニューがあります。
鳥貴族はキャベツはお代わりし放題で、美味しいタレもかかっているので、油ものばかりで気分が悪くなることもありません。

お酒ももちろん全品統一の280円です。
日本酒、ビール、ハイボール、カクテル、チューハイなど、品数もたくさんあります。
女性と行っても、同僚と行っても、大人数でも2人でも、どんなシチュエーションでも、鳥貴族なら楽しくお酒が飲めること間違いありません。

鳥貴族の店員さんも声をかけたらすぐきてくれて、気持ちよく注文することができます。
客層も若い方から年配の方までおり、敷居も高くないのではじめての方でも気兼ねなく来店でき、気持ちよく食事をすすめることができます。

店名:焼鳥屋 鳥貴族 我孫子店
電話:050-5572-7688
住所:大阪府大阪市住吉区苅田7‐4‐23‐112

驚愕の12円メニュー!?千葉県松戸市「居酒屋じゅうにねん」。

居酒屋じゅうにねんは、JR松戸駅西口から徒歩30秒という超駅チカな立地にある居酒屋さんです。
地下にあるので一見すると目立たない場所にあるせいか、私が訪れる際は混雑しているような印象は受けませんが、是非ともオススメしたいお店です。

居酒屋じゅうにねんの看板メニューは、なんと12円!
あさりのスープやキムチメンマ、肉団子にナゲットにガツポン酢など……これが本当に12円なのかと思うぐらいに味も量もしっかりとしたメニューが運ばれてきます。

1種類につき1皿のみの注文ですが、3種類頼んでもたったの36円。
ビールを1杯つけるだけで、ちょい飲みメニューの完成です。
仕事帰りや少し飲みたくなった時に、ふらっと居酒屋じゅうにねんに立ち寄って飲んで帰るといった手軽さが魅力的ですね。
余裕でセンベロできてしまいます。

もちろん、居酒屋じゅうにねんは、それ以外の料理のメニューも豊富で、400~600円程度の価格帯のものが多くリーズナブルです。
自慢の鉄板焼きから海鮮まで、美味しい料理が揃っています。

じゅうにねんは、もちろん居酒屋さんなので、お酒のメニューも充実。
「獺祭」や「十四代」といった、チェーンの居酒屋などではまずお目にかかれない日本酒も充実しているので、日本酒好きとしてはもうたまらないです!

営業が朝9時までなので、終電を逃してしまったときなどにも助かりますね。
あるいは休日朝飲みする時にも……?オススメの一件です。
是非訪れてみてください!

店名:居酒屋じゅうにねん
住所:千葉県松戸市本町1-12 日発ビル B1F
電話:047-363-8812

地下鉄田辺駅の近くの名物居酒屋!「どんなもんや」。

大阪市の地下鉄田辺駅のすぐ近くにある居酒屋「どんなもんや」。
大阪市内では、味にうるさい浪速っ子の間では大人気店。
どんなもんやは、プロスポーツ関係者や芸能人にもファンが多い名物居酒屋です。

主に海鮮ものが中心で、寿司もにぎってくれます。
季節の旬の魚や野菜を中心に、大将が腕を揮ってくれるので、本格的な和食を堪能できます。

どんなもんや店内に1品ずつ貼られている、お品書きの多さに圧倒されます。
はっきり言って、数え切れません。

私が必ず注文するのは、どんなもんやのジャンボだし巻き。

絶妙にだしをきかせて、玉子をふんわり焼き上げてくれます。
大根おろしを乗っけて、ハフハフとたまらない美味しさ。
ジャンボなので量は多いですが、そんなに重くないので、私の場合は一人でも平気です。

更にどんなもんやで是非食べて欲しいのが、季節野菜の炊き合わせ。
この味は本物の和食のプロの技が光ってます。
季節によって、野菜の種類は違いますが、たけのこ、かぼちゃ、タイの子、かぶ、などなど。
味が上品にしみて、お酒にもバッチリ合います。

どんなもんやは、お値段もかなりリーゾナブルです。
にぎり寿司は200円くらいから楽しめます。

秋のマツタケの時期は、是非とも、土瓶蒸しをお試しください。
マツタケの香りと、おつゆが体にしみてきます。

お店は大将とおかみさんと、あとはアルバイトが1~2名。
店構えは結構古いですが、どんなもんやは庶民的な、いい雰囲気です。
1階は縦長のカウンター席。
2階はお座敷で宴会ができます。

年末はおせち料理も予約できます。
確かお重は持ち込みかな。
大阪の呑兵衛に愛される名店中の名店です。
週末は混んでいることが多いので、電話で予約したほうが安心です。

店名:どんなもんや
住所:大阪府大阪市東住吉区北田辺6-16-26
電話:06-6628-7221

新鮮な魚介を使った料理が美味しい!下高井戸、「まきたや」。

私がお勧めするのは京王線の下高井戸駅から徒歩5分以内の居酒屋「まきたや」です。

店名:まきたや
住所:東京都世田谷区赤堤5-31-2
電話:03-3324-7249

まきたやは、席数は12席と広くはありませんが、落ち着く雰囲気でゆっくりと美味しい料理・お酒を楽しむことができるお店です。
日本酒も充実しているのでお酒好きなお一人様もよく見かけます。
女性には、「あらごしみかん酒」などの季節の果実酒も色々とあるのでおススメです。

まきたやは、旬のものやとれた魚介によって、その日のメニューが変わっていると思われます。
メニューが毎日日付入りで手書きなのも味があって良いです。
私がまきたやで食べた中で、お勧めの料理を数品ご紹介します。

①刺身盛り合わせ(700~1,500円)
定番ですが、毎回頼むのが刺身の盛り合わせです。2~5点盛から選べたと思います。旬の魚介を楽しめるのでお勧めです。

②はまぐりの酒蒸し(680円)
大き目のはまぐりが美味しい一品です。特に秋冬の寒い時期に食べたくなります。

③いづつワイン(約500円)
ほぼ毎回注文してしまう、普通のワインとは一味違う味です。

④蟹身とあさつきの蟹味噌和え(680円)
蟹身はもちろん、あさつきのちょっとした苦みと蟹味噌のまろやかさが合う一品です。最初のつまみに最適です。
他にも定番の鶏のから揚げや締めのご飯ものもあり、満足の居酒屋さんです。

梅田、福島、難波に出店している焼き鳥の「軍鶏」があつい!

大阪屈指の飲み屋街、福島。
あらゆるジャンルの飲み屋が軒を連ねる激戦区ですが、その中でも今回オススメしたいお店が「軍鶏」です。

JR環状線福島駅を堂島方面に南下、浄正橋の交差点をさらに南に進んだところにそのお店はあります。
軍鶏は、福島店だけでなく、梅田にも展開している系列店でありながら、非常に人気の高いお店で、有名人も来店しています。
鶏肉の鮮度が抜群で、焼き鳥はもちろんのこと、刺身、炭火焼きなど鳥料理を豊富に取り扱っています。

中でも軍鶏でダントツの人気を誇るのが、新鮮な肝を軽く炙り、軽く塩を振った後、ごま油と大量のネギを和えた串物「肝スペシャル」、通称肝スペです。
肝やレバーがあまり好きではない人も多いと思いますが、是非一度食べてみてほしい逸品です。肝特有の臭みやパサパサ感は全くなく、とてもクリーミーな味わいです。肝刺し同様、ごま油との相性が抜群で、一度2本食べた後に、我慢できずにまた追加でオーダーしてしまいます。
軍鶏の串は1本から注文でき、肝スペは1本200円です。通常の焼き鳥と比べるとやや割高ですが、一見の価値ありです。

店名:軍鶏 福島店
住所:大阪府大阪市福島区福島2-7-24 さくらビル 1F
電話:06-6452-5355

大人のデートに最適な隠れ家的レストランバー「ディープブルー横浜」。

みなとみらい線、馬車道駅からすぐの隠れ家的レストランバー、ディープブルー横浜。
ディープブルー横浜の外観は地味で、一見どこが入口かわからない。
重いガラスの扉を開け、店内に入るとムーディーな照明に照らされた階段、入口から続く水槽は店内全体に設置されている。

カウンターバーもあれば大人数で座れるゆったりとしたソファ席もあり、レジ横の扉の奥には半個室のペアシートが大きな水槽を囲むように配置されている。
足元は白い砂、ソファの耳元にあるスピーカーからは波の音が聴こえ、まさに二人だけの空間が演出されている。

コース料理、アラカルトとメニューも豊富で、食材にもこだわりその日のお勧めを紹介してもらえる。
価格は比較的高めに設定されているが、ボリュームも多く物足りなさは感じない。

横浜でアクアリウムと言われると、海の食材がお勧めなイメージがあるが、ディープブルー横浜お勧めは肉料理全般。
メニューにない料理も臨機応変に対応してくれるので、苦手な食材や食べたい物など、気軽にスタッフに相談出来る。
料理を出すタイミングも素晴らしく、二人の会話の邪魔にならないよう配慮されていると感じた。

お酒の種類も豊富で、ソフトドリンクもあり、オリジナルカクテルなどもオーダー出来るので、お酒の弱い相手とでも十分楽しめる。
明け方まで営業しているので、夜のゆったりした時間を過ごすのにはお勧めのお店でしょう。

店名:ディープブルー横浜(deep blue yokohama)
住所:神奈川県横浜市中区海岸通4-17 東信ビル1F
電話:045-650-7605