「麺類」カテゴリーアーカイブ

広尾で油そばを楽しみたいなら、東京油組総本店 広尾組へ!

店名:東京油組総本店 広尾組
住所:東京都渋谷区広尾5丁目3-12
電話:03-3280-2511

広尾でおいしい油そばのお店といえば東京油組総本店 広尾組です。
店の外まで行列ができているので、すぐにわかると思います。

行列はできていますが、東京油組総本店の店員さんの手際がよく、回転がいいので、割とすぐに座ることができます。

スープがないタイプのラーメンで、秘伝のたれがかかっています。
それに机の上にある酢とラー油をさらにかけて、混ぜ合わせて食べるのです。

東京油組総本店のメニューは、油そば760円と辛味噌油そば820円の2種類です。
トッピングも選ぶことができます。

東京油組総本店は、券売機で食券を買うスタイルです。

油そばは、並盛も大盛もW盛りも同じ値段です。
大盛は並盛の1.5倍、W盛は2倍ぐらいの量になっています。
油っぽくないので、女性でも大盛は食べれてしまいます。

東京油組総本店では、スペシャルトッピングAをつける方が多いです。
私も毎回これをつけています。

たっぷりのネギごまと半熟卵がついて180円のセットです。
このネギと油そばの相性がとてもいいいのです。

また、机の上にはスライスされた玉ねぎもあり、お好みで入れることができます。
酢やラー油なども入れ放題なので、W盛などで途中味を変えたい方にはもってこいです。
新感覚のラーメンで、東京油組総本店はとてもおいしいのでおすすめです。

味噌の街・岡崎市の味噌ベースつけ麺が美味しい、フジヤマ55 東岡崎駅前店

フジヤマ55は、名鉄名古屋本線・東岡崎駅の目の前にあるラーメン店です。
岡崎市は、八丁味噌の産地として有名な地です。

フジヤマ55は、名古屋市内を中心に複数店舗を展開してますが、オススメしたいメニューは牛ホルつけ麺です。

適度な歯応えのホルモンが味噌ベースのつけ汁にとっぷり浸って登場しますが、汁にホルモンの旨味が溶けだしているなと感じられます。

このつけ汁に太めの麺をひたして食べますが、とろりとした汁がうまい具合に麺に絡むので濃厚な汁の味も充分に堪能できるのです。

これは是非ともごはんを注文すべきでしょう。
牛ホルを若干残し、麺を食べきった後の汁にごはんをダイブさせて『追いメシ』にするのです。

汁をたっぷり吸ったごはんが『おじや』のようになり、柔らかい米の食感とコリコリした牛ホルの食感が面白いものになります。

フジヤマ55の従業員は皆元気がよく、紙エプロンや濃厚なつけ汁を割るための魚介ダシを準備しているなど心遣いが充分に感じられました。

フジヤマ55は、追いメシ用のIHヒーターが卓に置いてあり、汁が冷めてしまっても再び熱々にして食べられる体制にしてあるのもポイントです。

店名:フジヤマ55 東岡崎駅前店
住所:愛知県岡崎市明大寺町川端6 大関ビル1F
電話:0564-26-5455

つけ麺本舗 ばくだん屋 八木店、広島のご当地グルメ つけ麺

広島のグルメでは、つけ麺が大人気です。県外からもつけ麺目当てで来られる方も多いです。
広島つけ麺のお店は、最近では各地にあります。

その中で有名なのは、広島つけ麺本舗 ばくだん屋 です。
ばくだん屋 八木店が駐車場もあり、利用しやすくなっています。

辛いつけ麺は、夏場にはとても美味しく毎週末通っています。
ばくだん屋の通常のつけ麺は、コシのある麺の上に、茹でたキャベツともやし、きゅうり、レモン、チャーシュー、白髪ねぎなどがたっぷりのっています。

つけ汁の辛さは選べますが、最初は様子見で辛さが低いのを選んだほうがいいかも。
レモンをしっかり絞って食べます。
そのほうが麺の風味もよくわかると思います。

麺の大盛りもできますし、おむすびセットなどにもできます。
唐揚げなどもあります。

かなり辛さはきますが、その辛さが病みつきになる美味しさです。
野菜もたっぷり摂れるので、バランスもいいと思います。

ばくだん屋の店内は広々していて、カウンターやテーブル席や小上がり席もあります。
店員さんは男性が多く、元気があり、気持ちがいいです。

つけ麺を食べたい時は、ばくだん屋さんがオススメです。
流行りの汁なし担々麺もあります。

店内:広島つけ麺本舗 ばくだん屋 八木店
住所:広島市安佐北区八木1丁目26-27
電話:082-830-2020

岡山市のらーめん大統領 浦安店、にんにく唐辛子のトッピングもオススメ

店名:らーめん大統領 浦安店
住所:岡山県岡山市南区浦安本町32-15
電話:086-262-6706

らーめん大統領浦安店は、岡山市南区浦安本町の住宅街の中にあるラーメン専門店です。
店内は2人で切り盛りしており、1人でラーメン食べに来る方も多くいらっしやいます。

らーめん大統領浦安店オススメメニューは、この店の定番メニューの大統領ラーメン600円。
とんこつ醤油ベースのスープと背油の絡み具合か絶妙で病みつきになる美味しさです。

ちなみにこのラーメンにチャーシューをトッピングしたい方であれば、又焼ラーメン906円もオススメですね。
大統領ラーメンの上にチャーシューが皿から溢れだしそうなほどにまで埋め尽くされている盛り付けが特徴です。

味は大統領ラーメンと変わりありませんが、このチャーシューでお腹いっぱいになるのは間違いないですね。

さらにガッツリ系をいきたいのであれば、豚バラの塊をまるごと豪快に乗せたドッカーンラーメン840円もオススメ。
まるでドッカーンと乗った豚バラ塊のボリュームに驚かされるのは間違いありません。

ちなみに、どのラーメンを食べるにしても刻みネギとらーめん大統領特製のにんにく唐辛子を無料で好きなだけトッピングする事ができます。
特ににんにく唐辛子は当店自慢のトッピングで、ピリッとした辛さが癖になるのでオススメしたいですね。

ちなみにこの店は浦安店以外にも岡山県内中心にチェーン展開してるので、気になる方は最寄りの店舗を訪れてみてはいかがでしょうか?

麺屋頂点 鴨島本店、徳島県地元民が通う、これぞ徳島ラーメン!

店名:麺屋頂点 鴨島本店
住所:〒776-0014 徳島県 吉野川市鴨島町知恵島1656-3
電話番号:0883-36-1811

麺屋頂点は、地元民が通う、徳島ラーメンのお店です。
県道30号線(徳島鴨島線)沿いにあり、車でのアクセスがいい場所にあります。

座席はカウンターとテーブル合わせて20席くらいで、麺屋頂点は小さめのお店です。
営業時間は11:00~15:00、17:00~22:00です。

麺屋頂点のラーメンは、徳島ラーメン、中華そば、とんこつラーメンの三種類あり、おすすめは断然徳島ラーメン(並580円)。
徳島ラーメンは醤油ベースの濃厚なスープに甘辛い豚バラ肉がトッピングされた何とも癖になる味です。

味が濃いので白ご飯とよく合います。
女性でも徳島ラーメンと白ご飯を頼みます。
好みでネギ増量や煮たまごのトッピングなどもできて、替え玉もあります。

テーブルには食べ放題のピリ辛もやしが置いてあります。
麺屋頂点は、お得なセットメニューもあります。

頂点セットA(1100円)…好きなラーメンと炒飯と唐揚
頂点セットB(1180円)…好きなラーメンと炒飯と餃子
餃子セット(880円)…好きなラーメンと白ご飯と餃子
唐揚げセット(930円)…好きなラーメンと白ご飯と唐揚げ
炒飯セット(900円)…好きなラーメンと炒飯

お会計のときには、次回来店時に使える替え玉無料券がもらえてお得です。

和歌山県和歌山市、龍王亭は女性人気の高いラーメン店

今回ご紹介する「龍王亭」は和歌山県和歌山市にあるラーメン店です。
和歌山ラーメンというと豚骨醤油味が有名ですが、豚骨の臭みが苦手~という女性もいると思います。

その点龍王亭のラーメンは豚の風味はなく、鶏ベースのあっさり醤油味。
女性からの人気はかなりあります。
私は夜によく行くのですが、龍王亭の店内は女性ばかりだったこともあります。

龍王亭のお勧め料理は「トンポーロラーメン」と「わかめラーメン」です。
トンポーロラーメンは私が大好き、女性から人気があるのはわかめラーメンです。

トンボーロラーメン(870円)は、鶏ベースのあっさり醤油味のラーメンです。
というかベースは普通の中華そば(620円)で、チャーシューの代わりにトンポーロがトッピングされてます。
トンポーロは豚角煮みたいなものです。

このトンポーロに柔らかい豚バラ肉をやや甘めの旨味タップリの特製ダレを載せられており、これが本当に旨いんです。
トンポーロの旨さがスープにも溶け込み、ラーメン自体もさらに美味しくなります。
豚角煮好きの方なら、是非食べて欲しい一品です。

わかめラーメン(670円)は女性にとても人気のあるヘルシー系ラーメンです。
こちらもベースは中華そばで、鶏出汁の効いた醤油ラーメンで、トッピングにわかめが沢山乗ってます。

醤油ラーメンにわかめって相性がいいんですし、かなりヘルシーな仕上がりになっていて、本当に女性人気が高いんですよね。
もちろん普通のチャーシューも入っています。

ピータン・チャーハン・餃子・キムチ・豚角煮等、サイドメニューも充実してます。
それでは今回ご紹介した龍王亭の詳細を以下に。

店名:龍王亭
住所:和歌山県和歌山市美園町4丁目82
電話:073-431-2086

岡山市大供にある長崎ちゃんぽん皿うどんなでしこ

店名:長崎ちゃんぽん皿うどん なでしこ
住所:岡山県岡山市北区大供1-7-9
電話:086-222-0514

長崎ちゃんぽん皿うどんなでしこは、岡山市北区大供にあり、店の雰囲気は年配の女性が1人で切り盛りし、座席はカウンターが約10席。
なでしこの歴史は古く、昭和の雰囲気満載な印象を受けます。
岡山大学鹿田キャンパスからわりと近いので、岡大鹿田キャンパスの学生がわりと多いかと思いきや、どちらかと言えば年配の常連客で、切り盛りしてる年配の女性店主と顔見知りな人が多いという印象でした。

なでしこオススメメニューは店名にもなっている皿うどん850円。
あんがかかった具だくさんの野菜とパリパリの麺の食感がたまりません。

ちなみに麺が太めの方が好みであればプラス50円高い900円の太麺皿うどんもオススメです。
なでしこ店主曰く皿うどんは太麺、パリパリの細麺ともにソースをかけるとより美味しく頂けるとの事です。

ちなみに年配の女性店主は長崎の出身で、食材は全て地元長崎から仕入れているとの事なので、本場長崎のおふくろの味が味わえるのではないでしょうか?
なでしこ店内には多くのマンガとスポーツ新聞も置いてあるので、特に夜であればゆっくり過ごす事もできるはずです。

ただ、注意してもらいたいのが、店に駐車場がない事です。
車でのご来店を考えているのであれば、近くのコインパーキングを利用する事を頭に入れておいた方が良いでしょう。

千葉県松戸市、味噌ラーメンを食べるなら!「北海道らーめんひむろ」。

松戸市内はラーメン激戦区とも呼ばれており、つけ麺日本一とも言われるかの有名店「とみ田」やその系列店、油そばで有名な「兎に角」など数々の名店があります。
その中でも互角に渡り合える力を持ったラーメン店が、ここ「北海道らーめんひむろ」です。

北海道らーめんひむろのおすすめは人気ナンバーワン看板メニューの「札幌味噌ラーメン(780円)」です。
モチモチの麺と体の芯から温まる優しい味の味噌スープとの相性は抜群です。
ワカメやネギなど他の具材ともよく絡み、最後の一滴まで堪能できるでしょう。
追加トッピングでバター(100円)を加えると、より風味が増して札幌ラーメンらしい味になりますのでオススメです。

また、辛い物が好きな方には「鉄火麺(880円)」も北海道らーめんひむろではオススメです。
味噌ベースで作られた激辛のスープですが、激辛ラーメンに脂っぽさがないことや山椒などのシビレが入っていないこともあり、美味しくいただける一品です。
とはいえ、本当に激辛なので耐性がある方は是非。

北海道らーめんひむろは、JR松戸駅から徒歩30秒という好立地にあることや、午前11時から翌朝4時までという営業時間の長さもありがたいです。
深夜にお腹が空いた際や、終電を逃してしまった際、飲みの後の締めなどに利用してみてはいかがでしょうか。

店名:北海道らーめんひむろ
住所:〒271-0091 千葉県松戸市本町1-13
電話:047-362-3600

あっさりだけど美味しい!鹿児島ラーメンの「18番ラーメン」。

18番ラーメンは、鹿児島ラーメンを味わえるお店です。
ラーメンは、単品税込630円であっさりとこってりと選ぶ事ができます。
スープは豚骨ベースなのですが、18番ラーメンはキャベツなどの野菜がたっぷり乗っていて、麺もやや太く食べ応えがあります。

鹿児島といえば、お店に必ずといっていいほど大根の漬物があります。
これは桜島大根でできておりお好みで醤油をつけて食べると美味しいです。
ラーメンを待つ間は、漬物を食べる方が多いです。

また、この18番ラーメンは、餃子も美味しいです。
メニューにも黒豚餃子と書かれているほどなので、とてもジューシーでパリっと焼かれています。
餃子を単品で頼む方も多いです。

18番ラーメン店内はカウンター、テーブル席、お座敷とありお昼どきは並ぶこともあります。
お子様向けのメニューもあるので子連れの方でも入りやすいです。
混雑時は並ぶこともありますが比較的回転率もいいのに長時間待つことはないです。

店員の方もテキパキ動いているので店内に案内されるとすぐにお冷を持って来てくれたりメニューを聞いてくれます。
ラーメンの待ち時間も早いです。

店名:18番ラーメン
住所:鹿児島県鹿児島市浜町2桜島桟橋鹿児島駅ベイサイドプラザ内
電話:099-226-4118

東京明治神宮近く、美味しいお蕎麦屋「玉笑(たまわらい)」。

私がおすすめするお店は数あるお蕎麦屋さんの中でも絶品のお店「玉笑」です。
こちらのお店は原宿からでも明治神宮からでも行けますが、閑静な住宅街にあるので最初はほぼ迷います。
何度も行っている私でも慣れるまで数回はかかりました。

こちらの玉笑でおすすめなのが、粗挽せいろ(1000円)です。
やはりおそば自体が本当においしいのでそのお店力量を試すにはこの粗挽きせいろが一番だと思いました。

おそばの香りが良く、細いけど粗挽きのつぶつぶとした食感と喉越し、どれをとっても最高でした。
そば好きにはたまらない一品です。

玉笑で一つだけ残念なのが量が少ないこと。
よほど少食でない限りお代わりしたくなってしまいます。

玉笑の店内は和を基調としたシンプルな内装です。
おそばやさんに珍しくランチタイムでも予約ができるので並びたくない方は予約をおすすめします。
お昼すぐはだいたい予約のお客様でいっぱいになってしまう印象でした。

大食いな私はおそばだけではなく必ず頼むのが玉子焼き(800円)です。
ちょっとお高ではありますが、ふわふわで大根おろしをつけて食べると更に絶品です。

店名:玉笑(たまわらい)
住所:東京都渋谷区神宮前5-23-3
電話:03-5485-0025