「中華」カテゴリーアーカイブ

バーミヤン練馬豊玉店、じっくり煮込んだ牛肉の中華醤油煮込み

店名:バーミヤン練馬豊玉店
住所:東京都練馬区豊玉北4-4-3
電話:03-5999-7175

バーミヤン練馬豊玉店において、肌寒い季節になると特に食べたくなってくるのが、じっくり煮込んだ牛肉の中華醤油煮込みです。

こちらは牛肉とほうれん草が主役となっており、特に牛肉に関しては一口サイズで切られた柔らかいお肉が何枚も入っていて、ボリュームは抜群です。

本当にとろけるような感覚で食べることができますから、美味しさもそうですけど、心地よさも味わえる一品なのです。

食べている感覚としてはビーフシチューのような印象も受けますけど、それが中華風になっていると思ってもらえると良いです。

量がちょっと少ないと感じる人もいると思うので、これ以外にも別にいくつかのメニューを注文すると良いと思います。

値段は899円と比較的安いですから、他にも美味しいメニューを楽しみながら、バーミヤンのじっくり煮込んだ牛肉の中華醤油煮込みを食べていくと良いと思うのです。

バーミヤンは魅力的なメニューが結構あるので、複数注文していくこともおすすめですし。

ただ、実際にバーミヤンに来店したときには、このじっくり煮込んだ牛肉の中華醤油煮込みは、ぜひ思い出してみてほしいと思います。

龍王、板橋で絶品ナスバター炒飯を提供する大衆中華料理店

店名:龍王(りゅうおう)
住所:東京都板橋区板橋1丁目49-3 ライオンズマンション1階
電話:03-6780-0329

龍王は、最近はまっている中華料理店です。
お店の場所は、板橋駅を出てすぐの旧中山道沿いにあります。
龍王の外観は「大衆中華料理」という看板がバーンと掲げられています。

大衆とよばれるにふさわしいもう一つの理由がありまして、それは料理の価格です。
ラーメン1杯380円は、チェーン並みの価格ですね。

といっても、龍王で食べるのはラーメンではなく、チャーハンです。
実は、チャーハンにおいて、最近は「板橋チャーハン」というジャンルがあるようです。

板橋チャーハンとは、現代の主流であるパラパラのチャーハンに対抗するしっとり系のチャーハンのことなんだとか。
そんな板橋チャーハンの代表的なお店として、「マツコの知らない世界」にも取材されたのが、龍王のチャーハンなんです。

なお、龍王のチャーハンは1杯500円。
大盛りにしても600円という、ものすごいコストパフォーマンスなんです。

板橋チャーハン=しっとり系と言いましたが、けっしてべちゃべちゃしているわけでなく、絶妙なバランスなチャーハンだと思います。
塩コショウも効きかたも文句のつけようがないです。

具も卵とチャーシューのみですが、ごろっとしたチャーシューも食べごたえ抜群ですし、卵の食感もしっかりと感じられます。

そして、龍王のチャーハンの中でもおすすめなのが「ナスバターチャーハン」
カラフルなチャーハンの具には、ごろっとしたナスやピーマン、チャーシューに加え、なんとハムまで入っているのです。

このボリューム感で、お値段なんと700円!
味の方も、バター炒飯と聞いて最初は抵抗がありましたが、バターの風味が程よく感じられ、チャーハンとしてしっかりと成立しています。

付属のスープの味の薄さは少し改善してほしいですが、チャーハンの質は文句なしの高さです!
接客も中国出身のお兄さんの対応が非常に丁寧ですので、コスパ含めて満足しているお店です。

太極殿、伊勢市の国道23号線沿いの老舗のおいしい中華料理店

店名:太極殿
住所:三重県伊勢市村松町1355-13
電話:0596‐37-0979

伊勢市の国道23号線沿いにある中華料理のお店の太極殿は、創業がとても古く30年以上続く老舗であります。
交通アクセスとして、名古屋方面からですと国道23号線を伊勢市方面へ南下しまして、明野の自衛隊の交差点から数えて2つ目の信号を左折した所にあります。

太極殿の駐車場は、10台ほど駐車出来るスペースが確保されています。

伊勢市でもこの辺りは、工場などが多く立地していまして、お昼時になると大勢のサラリーマンのお客さんで賑わいます。
室内は、一階と二階がありますが、太極殿は座敷がほとんどの店内であります。

太極殿のお薦めの料理は、餃子と唐揚げ、麺類であります。
餃子は、味もボリュームも言うことなく、香ばしい一品であります。
唐揚げも上げ具合がとても手頃で、お客さんからの多くの注文があります。

麺類は、何といってもボリュームがあり、大きな丼に一杯盛り付けてある麺類は、食べ終わると満腹感が得られます。
その他、八宝菜にも定評があります。
価格も手頃で、1人前、2000円も用意して行けば、一品料理の大盛りを注文できます。

太極殿は接客の方も、とても親切で、丁寧な店員さんがいます。
注文してから、料理が出てくる待ち時間もそれほど長いこともなく、注文した順番に料理は出てきます。

札幌市中央区、大衆的な中華が美味しい一条まるふじ

店名:一条まるふじ
住所:北海道札幌市中央区南一条西11-327-18 1F
電話:011-233-2228

一条まるふじは、頻繁にランチに利用しますが、こちらの中華屋さん、とてもコスパが高いのです。
平日の月~金曜日にやっている日替わりランチは650円で、毎日、今日の日替わりは何かな?とメニューを見るのが楽しみなほど、バリエーションが豊かです。

毎週金曜日は、大抵カレーライスなのですが、チキンカツカレーや牛すじカレーや、シーフードカレーなど、カレーだけでも豊富ですし、月~木のメニューは、本当に多種多様です。
一条まるふじは中華居酒屋なのに、カルボナーラやタコライスが出ることもあります。

ですが、私が日替わりランチでなく、普通のランチメニューからよく注文するお気に入りが、黒酢酢豚定食です。
大きくカットされトロトロに煮込まれた豚バラブロックを素揚げし、たっぷりの大ぶりなキクラゲと青梗菜が黒酢あんで絡められています。

酸っぱすぎないまろやかな黒酢あんの味付けが最高で、しかも豚が角煮を揚げたものなので、箸ですっと切れるほど柔らかく、ジューシーで、とてもご飯に合うのです。
5cm四方くらいの大きなお肉が4つ程ゴロゴロと入っていて、ご飯がいくらあっても足りません。

その他に副菜は日替わりで家庭的な煮込み料理等がついて、お漬物、スープがついて700円です。
どんな高級中華屋さんの酢豚よりも、私は一条まるふじの酢豚が一番好きです。

また、お店の雰囲気がとても大衆的で、畳敷きの掘りごたつの広間に、元気なお姉さんの店員さんが注文を取りに来てくれます。
テキパキしてとても感じが良いし、ランチのお冷を、ビールの中ジョッキで出すところも、一条まるふじは堅苦しくなく好感のもてるお店です。

丸の内、水蓮月(ロータスムーン)新丸ビル店のサラダバーが想像以上

店名:中華菜館 水蓮月 新丸ビル店
住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング B1F
電話:03-3211-1660

東京駅の真ん前にある新丸ビルの地下にある中華のお店、水蓮月さん、「ロータスムーン」と読みます。
新丸ビルの地下にあるお店なので東京駅はもちろん二重橋前駅なども地下で直結しています。

水蓮月(ロータスムーン)では、伝統的な中国料理である旬菜や珍味を使用した杭州料理をいただけます。
それから青山の有名店で人気の「毛沢東スペアリブ」がこちらでもいただけるのは、あの「孤独のグルメ」で見ました。

ランチでは毛沢東スペアリブはいただけませんが、水蓮月(ロータスムーン)のランチメニューはとっっても魅力的なんです。
とにかくこの上ないサービス精神を感じます。

ランチメニューは週替わりの麺類と日替わりの定食があります。
麺類は担々麺、マーボー麺、酸辣湯麺、あんかけ麺など8種類ほどありました。

お値段950円ですべてにサラダバーが付いています。
定食は3種類、この日は生姜焼き、ニラ玉、麻婆豆腐でした。
ライス、スープにこちらもサラダバーが付きますが、水蓮月(ロータスムーン)のサラダバーのサービス精神がとにかくすごいんです。

ドレッシングは3種類ほどあり、千切りキャベツ、マヨネーズで和えられたブロッコリー、春雨サラダ、キムチ、お芋の煮物、蒸したさつまいも、いんげんの炒め物、じゃがいものカレー炒め、ナムル、大学芋、フルーツ・・・サラダというか普通におかずも紛れていて、これがまたメイン級に美味しい!

一口ずつ全種類いただきました。
素晴らしいコスパ!

テイクアウト用にお弁当のメニューもありましたが、700円ほどでエビマヨや酢豚などたくさん種類がありました。
お急ぎの方はテイクアウトも良さそうですが、やっぱり水蓮月(ロータスムーン)のサラダバーを味わっていただきたいな~。

神戸の南京町、民生 広東料理店は店内の雰囲気が良い

神戸は、日本3大中華街の一つがあり南京町と呼ばれています。
その南京町にある老舗料理店、「民生 関東料理店」は地元では有名な飲食店です。

本格的な中華料理が食べられますが、庶民的な店内は居心地が良く落ち着きます。
平日は、1000円以内で食べれる定食がありランチで注文する人が多いです。
民生はメニューも豊富で、揚げ物、炒め物、野菜料理なども充実しています。

この民生は、メニューの食材を地方から取り寄せるなど手抜きはしていないようです。
中でも、牛肉は神戸牛A5ランクを使用していて味は最高になります。

オススメの料理は、イカの天ぷらになり揚げていますが焼いているような香ばしさを感じる1品です。
値段は、少し高めで1700円しますが量が多く食べ答えがあります。

イカの天ぷらは、観光客にも人気があり店の看板メニューのようです。
他に、1品とギョウザなどを注文して頂けばお腹は満足できます。

また、デザートもあるので家族で行っても子供に食べさせて上げると良いです。
そんな民生は、店内は禁煙になり中国の下町を感じながら料理を食べれます。

厨房から見える店員や注文時の接客は、好感が持てて良好です。
神戸に来れば、足を運んで欲しい中華料理店として民生は存在しています。

店名:民生 広東料理店
住所:兵庫県神戸市中央区元町通1丁目3-3
電話:078-331-5435

ティム・ホー・ワン、日比谷ミッドタウンの世界一安いミシュラン星付きレストラン

日比谷ミッドタウンにある「TimHoWan(ティム・ホー・ワン :添好運)」は、香港でミシュラン1つ星を獲得した超人気の点心専門の店です。
日比谷ミッドタウンのに行くと、ひと際目立つ行列がありますので、お店の場所がわからなくても、すぐにわかります。

ティム・ホー・ワンでのおススメは、ベイクドチャーシューパオ(580円)。ここでの一番人気メニューです。
外側は焼き目が付いており、香ばしくサクッとした食感が印象的で、角切りチャーシューと甘めの醤油が食欲をそそり、何個でも食べられそうです。

海老とニラの蒸し餃子(580円)も、ティム・ホー・ワンおススメの1品ですね。
ニラと海老がたっぷりと入っており、ジューシーなエビの味とニラのシャキシャキ感はとても食感がいいですね。

私のお気に入りの餃子です。
ニンニクは入っていないため、餃子の臭いを気にせず、何個でも食べられます。

ティム・ホー・ワンのデザートは、マーライコウ(480円)で決まりです。
独特の風味とふわふわ感があり、日本ではなかなか味わえないケーキですね。

日本でいえば、蒸しパンに近い食感です。
甘みが控えめでケーキなのにケーキらしくないところに惹かれましたね。

最後に、ティム・ホー・ワンの情報をお伝えします。

店名:Tim Ho Wan ティム・ホー・ワン 添好運
住所:東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ 別館 1F
電話:03-6550-8818

電話番号はありますが、予約はできませんので、ご注意を。

海南記、調布市にあるコスパ最強の中華料理屋

海南記

私がオススメするのは都心から少し離れた京王線上にある、仙川という駅から徒歩5分くらいの場所にある中華料理屋さんの『海南記』というお店です。
海南記の店内はそんなに広くなく、テーブル席が5つくらいあるお店で、中国の方がやっているお店です。

海南記のオススメポイントはなんといってもコスパがいいところです!
量が多く、そして安くて、味も本格的でおいしいんです。

焼き餃子は1皿5つくらいの餃子が入っていて200円という破格の値段ですし、料理以外にアルコールも安いんです。
よくある安いチェーンの居酒屋に行くのであればこのお店で本格的な中華の味が楽しめて安く飲めるので、断然お得だと思います。

ですが、やはり接客面でいうと日本の方がやっているわけではないので、少しだけ雑に感じる部分もありますが、そこまで気にはなりません。
ランチメニューも豊富なので、特にお昼ときは店の外で並んでるお客さんも結構見かけます。

海南記は量がとにかく多く、ボリューミーなので、サラリーマンの方や、男子学生の方などに特におすすめのお店です。
また、安く飲めるので宴会などに使うのもよいかと思います。

店名:海南記
住所:東京都調布市仙川町1-13-11
電話:03-3307-8788