「カフェ」カテゴリーアーカイブ

空からこんぺいとう、猪名川町にある蒸しパンがおいしい古民家カフェ

猪名川町ののどかな場所にある空からこんぺいとうは、蒸しパンが売りで蒸しパンのテイクアウトもできる古民家カフェです。
お店の基本情報は次のとおりです。

店名:空からこんぺいとう
住所:兵庫県川辺郡猪名川町木津戸塚尻7-1
電話:072-768-1571

古民家の引き戸を開けると、正面のガラスケースに色とりどりの蒸しパンが並んでいて、その可愛さとお店の昔ながらの雰囲気にどこか懐かしい雰囲気がただよっています。

空からこんぺいとうは、小上がりの畳のスペースにちゃぶ台が4台ほどあり、靴を脱いでくつろぐことができる飲食スペースには絵本や積み木などが用意されていて、自由に使えるのでお子様づれでもおすすめのお店です。

蒸しパンがメインカフェでおやつに、ちょっとお茶しにと利用できますがランチもおすすめです。

数量限定でワンプレートに数種類のおかずが乗っていて900円です。
ランチを注文するとコーヒーと紅茶に限りドリンク300円になります。

食後のデザートに蒸しパンを頂くのも良いですし、お土産に蒸しパンを買って帰ることもできます。
空からこんぺいとうの蒸しパンは人気で売り切れてしまうこともあります。

種類も豊富で目移りしてしまいます。
季節によっても種類に変化があるようなので行ってのお楽しみ。

空からこんぺいとうのレジ横にはカラフルな金平糖いっぱい入った大きなガラスの入れ物がとても目をひく可愛いお店です。

オーシャンテラス、淡路島にある夕日が綺麗に見える絶景レストラン

店名:Ocean Terrace オーシャンテラス
住所:〒656-1721 兵庫県淡路市野島蟇浦8(ひきのうら)
電話:0799-82-1907

オーシャンテラスは、淡路島の西側のサンセットロード沿いにあるひときわ目立つレストラン。
日没時には夕日がとっても綺麗に見られる絶景ストランです。

オーシャンテラス1階は駐車場、2階にオープンテラスのカフェ「農援隊 CURRY CAFE」、3階に「オーシャングリルレストラン」があります。

今回はランチに2階のカフェ「農援隊 CURRY CAFE」でカレーをいただきました。
メニューは7種類のカレーとハンバーガー、サラダがあります。

淡路島玉ねぎ牛すじカレー ¥1,580
オーシャンテラスカレー ¥1,580
淡路牛はちみつカレー ¥1,680
農援隊ビスクカレー ¥1,680
農援隊グリーンカレー¥1,580
淡路島たまごのオムカレー¥1,780
淡路牛ステーキカレー¥2,980
淡路島農援隊バーガー¥1,380
農援隊野菜たっぷりサラダ(2~3人前)¥1,380

淡路島農援隊バーガーが食べたったのですが、残念ながら売り切れていましたので、淡路島玉ねぎ牛すじカレーをいただきました。
農援隊野菜たっぷりサラダ(2~3人前)も人気のようでした。

このカフェは日本の第一次産業を応援する「パソナ農援隊」がつくる7 種のオリジナルカレーで淡路島の自社農園 ” チャレンジファーム “、自然栽培グループ ” ビオアグリ ” が育てたこだわりのお野菜がゴロゴロと入っていて、辛くても野菜の甘みがたっぷりで子どもでもペロリと食べていました。
ローストされたパプリカやナスなどの夏野菜がトッピングされていて大満足な一皿でした。

テラス席の眺めも良く、ソファーやテーブルがオレンジ色でとってもおしゃれでした。
接客もていねいでとても良かったと思います。

次回は3階の「オーシャングリルレストラン」で夕陽を見ながら食事したいです。

桜キッチンカフェ、駒込駅からすぐ近くの桜をモチーフにした可愛らしいカフェ

桜キッチンカフェは、駒込駅から巣鴨方面に行く線路沿いにあり、緑を使ったナチュラルな公園のような可愛らしいカフェです。
エントランスの床には桜を描いたタイル細工が施されており、桜というイメージにこだわっているようです。

桜キッチンカフェ店内のインテリアは木を基調としており、とても落ち着いた雰囲気でお友達同士やカップル、家族連れなどさまざまなお客さんがいました。

カフェらしくベーグルサンドのメニューやカレーが有名らしいのですが、私はチリビーンズのタコライスを選びました。
辛さは控えめの甘辛いタコライスソースに、豆が沢山入っておりとてもヘルシーなランチでした。
レタスやトマトの野菜も摂れ、付け合わせに半熟茹で卵が付いてくるのも嬉しいです。

ドリンクはオーガニックオレンジジュースをいただきましたがとても爽やかな甘みで美味しかったです。
タコライスにドリンクを付けて1,200円なのでコストパフォーマンスもそれほど悪くありません。

お土産に桜キッチンカフェ名物の焼き立てフィナンシェを購入しましたが、これが絶品でした。
一口サイズの小さなフィナンシェなのですが、焼き立てで甘く濃厚な香りが広がります。
外はサクッと中はジュワッとしている生地で、また食べたくなる美味しさでした。

桜キッチンカフェの店員さんも温かな雰囲気の方が多く、「晴れた日でしたらテラス席がオススメですよ」と言ってくださいました。
今度はお天気の良い日に線路を見渡せる景色の良いテラス席に行こうと思いました。

店名:桜キッチンカフェ
住所:東京都豊島区駒込3-1-16
電話:03-6903-7856

川崎ムサコでオシャレなディナーならPUBLIC HOUSE パブリックハウス 武蔵小杉

近年住みたい街ランキングでも常に上位に入る武蔵小杉は、駅周辺にたくさんのレストランがあります。
その中でもオススメなのが、パブリックハウスというレストランです。

パブリックハウスは、ピザやパスタやお肉料理などからスイーツのメニューまでどれも美味しそうなメニューが充実しています。

パブリックハウスのイチオシのメニューは、水牛モッツァレラのマルゲリータです。
シンプルながらトロけるチーズとトマトソースがとても美味しく、薄めのピザ生地で食べやすいです。

そして、珍しいのは雲丹といくらのレモンカルボナーラというパスタでこちらも絶品でオススメです。
あまり見ない組み合わせなので、味が想像つかなかったのですが食べてみるととっても美味しくてびっくりです。

パブリックハウスは、価格もお手頃で、ピザは大体1300円から1500円くらい、パスタは大体1000円から1600円くらいです。
一人でも入りやすいですし、何名かで行って色んなメニューをシェアするのも良いと思います。

パブリックハウスは、インテリアもオシャレで落ち着く店内なので、ついついゆっくりしてしまいます。
いつも賑わっていますが、スタッフの皆さんも優しく接客して下さるのでまた来ようと思ってしまいます。

店名:PUBLIC HOUSE パブリックハウス 武蔵小杉
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-446-4 高架下
電話:044-739-2660

榛東村で有名な喫茶店ライフについての紹介

店名:ライフ
住所:群馬県北群馬郡榛東村大字山子田2047-1
電話:0279-54-3457

地元の田舎道を走っていると、何やらログハウス風の建物があります。
その建物がライフです。
ライフ店内は薪ストーブがあり、棚には漫画本が沢山置かれていて、テーブルには知恵の輪が置いていて、注文したものを待っている間の時間つぶしにもなります。

この店では釣り好きのマスターがいて、愛想よく接客してくれています。
平日と休日のお昼はいつでも混んでいます。
お客様も会社の人、子供連れといった様々な人が来ますが、特に近所の常連さんが多いようです。

ライフのメニューはパスタ、丼物、ドリア、カレーとイタリアンを中心に様々なメニューが1000円以下の手ごろな値段でそろっています。
どのメニューにも必ず味噌汁と漬物が付いてきます。

さらに、ライフはどのメニューにも100円で中盛りと大盛りに量を増やすことも可能です。
普通盛りでも十分なのですが中盛り、大盛りにすると食べきれない程の量が出てきます。

食べ物の他にもドリンクメニューが豊富でちょっとお茶するにも最適です。

私のおすすめメニューはオムライスで、ふわふわの卵とケチャップライスが美味しいです。
さらに、ライフの日替わりのケーキセットはいつも美味しいようでおすすめです。

新鮮野菜がたくさん、郡山市の旬のベジカフェバル Best Table

店名:旬のベジカフェバル Best Table
住所:郡山市朝日1丁目14-1
電話:0249833129

旬のベジカフェバルBest Tableは新鮮野菜がたくさん食べられるオススメ店です。
ランチでしかうかがったことがないですが、Best Tableは、サラダプレートがとても美味しかったです。

大きなお皿に山もりの新鮮野菜とエビ、お肉、キヌアがあり、ドレッシングも二種類楽しめます。

キヌアははじめて食べたのですが、サラダにあっていたしプチプチの食感が最高でした。
キヌアは最近注目のスーパーフードで健康食品として知られています。

Best Tableは、サラダプレートのほかにもパスタプレートやバゲットサンドイッチ、本日のランチプレートがあり、どれもサラダつきです。
価格は1000~1500円程度です。

Best Table店内はテーブル席ですが、外にオープンデッキがあり、季節とお天気のいい日は日常から抜け出したような開放的な空間で食事を楽しむことができます。
11時~ですが、すぐに満席になるので早めの予約をおすすめします。

Best Tableの店員さんも、忙しいにもかかわらず、笑顔を絶やさず気持ちのよい接客をしてくれます。
まだランチしか行っていませんが、ディナータイムもあるのでぜひあの素敵な空間でまた違った雰囲気で食事を楽しんでみたいです。

島小カフェ、自然に囲まれた駒ケ根市にあるイタリアンのお店

店名:島小カフェ(しまこカフェ)
住所:長野県駒ケ根市中沢菅沼2489-12
電話:0265-81-9405

島小カフェは、長野県駒ケ根市にある、蔵を改造した大人の隠れ家的cafe。
外観はレトロな蔵の雰囲気がGOOD。

島小カフェのグランドメニューは、パスタ・リゾット・グラタン・ハンバーグなど。
地元の野菜を使用したこだわりのメニューがそろっています。
(グランドメニューは時期によって変更することもあります)

島小カフェのランチのおすすめは、平日ランチコース(1,500円)と週末ランチ(1,800円)平日のランチコースは、メイン料理がパスタ二種類・ご飯系プレート・ドリアの日替わりメニューから選択できます。
週末ランチコースはメイン料理をグランドメニューから一種類選べて、ミニデザートが三種類から一品選ぶことができるのでおすすめです。

ディナーコースも2000円で用意されていたり、コースではなく単品での注文も可能ですので、「ちょこっとランチを食べたい」「デザートを食べて一息つきたい」人に、島小カフェはおすすめです。

島小カフェ店内は、お洒落でレトロな雰囲気が魅力的。お店の店員さんの丁寧な接客に好感が持て、「また来たい!」と思わせてくれる素敵なお店です。
長野県にきたらぜひお立ち寄りください。

ポリー プット ザ ケトル オン、仙台で本場英国のアフタヌーン

お皿が段になった豪華なアフタヌーンティーセットを頂ける場所を探している時に見つけたのがポリー プット ザ ケトル オンです。
水色の壁に囲まれたお洒落な外観、ドアには英国らしいガーランドなどの装飾が施されています。

ポリー プット ザ ケトル オンの店員さんは、スラッとした女性で、口数は少ないですが優しい笑顔で気持ちの良い接客してくれます。
ポットでサーブされる紅茶は、可愛らしいお花のプリントのポットカバーが被せてあり冷めること無く最後まで美味しく頂けます。

ポリー プット ザ ケトル オンおすすめは、何と言ってもアフタヌーンティーセットです。
1200円で2段重ねの軽食と紅茶を食べることが出来るのはお手頃ですし、ポリー プット ザ ケトル オン店内のおすすめスイーツが全て乗っているのも魅力的です。
2人分を頼むと3段重ねになり、見た目も豪華で気分が上がります。

本場イギリスのスコーンは、バターの風味がふわっと香り、外はサクッと中はほろっとで良い塩梅です。
付属のジャムをたっぷり付けても美味しいですが、そのままプレーンでも十分美味しいスコーンです。
スコーンの他にも日替わりのケーキや焼き菓子が2、3点乗っており目移りしてしまいます。

スイーツも美味しいですが、ティーセット下段のサンドイッチも塩加減が絶妙で美味しいです。
具は日替わりで、甘いものと交互に食べると幸せな気持ちになります。

ポリー プット ザ ケトル オンは、丁寧に作られたスイーツと、本場イギリスの紅茶で日本に居ながら異国の気分を味わえる素敵なお店です。

店名:ポリー プット ザ ケトル オン POLLY PUT THE KETTLE ON
住所:宮城県仙台市青葉区木町通1-4-37 MHビル 1F
電話:022-702-4122

鬱花、名古屋市緑区の住宅地にあるお庭が素敵な古民家風カフェ

鬱花の概要

店名:鬱花
住所:〒458-0801 愛知県名古屋市緑区鳴海町宿地66
電話:052-251-6155

鳴海駅から車で7分ほどのところにあるお庭が素敵な喫茶店です。
テラス席もあるので、綺麗に手入れされた小さなお庭の中でカフェを楽しむことができます。

鬱花の接客の様子

土曜のお昼に行ったときは、座席はほぼ満席でした。
ホールには20代から30代の女性店員さんが3、4人くらいいました。
私の席のところについてくれた店員さんは雰囲気の良い方で、注文しやすかったです。

鬱花の席の様子

とても暑い日だったので、店内の席の方が混んでいました。
予約はしていかなかったので、テラス席の方に通されました。
外だと暑いかな、と思いましたが、生い茂った木々の陰になっている席で快適に食事出来ました。
蚊取り線香も焚いてあったので、夏にも関わらず虫も気になりませんでした。

鬱花おすすめ料理

桃のかき氷 850円
生の桃の果汁を使ったかき氷です。
一緒にシロップも添えてあり、桃のフレッシュな香りと上品な甘さを楽しめる一品です。
桃の果汁だけだと少し甘さが物足りないですが、シロップで自分の好きな甘さに調節できるところが良かったです。
氷、果汁、シロップがそれぞれ異なる陶器の器に入っていて見た目もとても綺麗でした。
他にも葡萄、レモン、パイナップルのかき氷がありました。

アーユス(AYUS)、芦屋らしさ漂う邸宅カフェ

芦屋には数多くの洗練されたカフェがありますが、高級住宅地ならではの邸宅カフェがあるのも芦屋を楽しむうえで外せないものです。
そんな邸宅カフェの中でも、地元芦屋マダム達にも定評のあるこちらのお店、アーユスをご紹介します。

店名:アーユス(AYUS)
住所:兵庫県芦屋市親王塚9-7
電話:0797-23-6789

アーユスは、JR芦屋駅から 徒歩数分ほどの位置にあります。
お庭の木立に囲まれた白が基調の素敵な邸宅カフェ。

アーユスはギャラリーも併設しており、多くの作家さんの個展などを楽しむことも芦屋らしい楽しみ方の一つですね。
外観の美しさを裏切ることなく、館内も白い壁にブラウンの家具や床が上質空間を造りだしています。

アーユス自慢の自家製パンケーキは、材料にもこだわりを持ち、パンケーキの生地自体が美味。
生地そのものの美味しさを味わいたいならプレーンがおすすめです。
ほどよくバターが染み込み絶品。
お好みでフルーツソースやエスプレッソソースなど色々なバージョンを楽しむことができますよ。

アーユス自家製スコーンもおすすめ。
カリカリ、サクサクでアイスとの相性抜群。
具材たっぷりのボリュームのあるサンドウィッチもあるので、ランチにもおすすめです。

アーユス店内は質感が高いものの、華美な部分はなく、子連れでも入りやすい雰囲気です。
芦屋らしいカフェを楽しみたいときには、おすすめのお店です。