「グルメ」カテゴリーアーカイブ

がぶりん土佐山田店、本場の人もファンになる香美市のお好み焼き屋

私は大阪出身で当然ながら、お好み焼きに対しては、並々ならぬ、こだわりを持っています。

そんな私が高知に単身赴任中に出会った、お好み焼き専門店「がぶりん」は関西人の私が参りました!と思ったお店です。
がぶりんのスタイルは自分でテーブルで焼くスタイルで、これも関西人の私にとってはシビれる点です。

ここのお好み焼きの特徴は、生地の旨さです。
がぶりんのお好み焼きの生地は、自己主張はしないながらも、出過ぎずに、ほのかな出汁の味がするところです。

また、焼き上がりは、同じく関西名物のたこ焼きの目指すところと同様に、外側がパリッと焼き上がるのです。
この焼き上がりの秘密は、焼く前に引く油はサラダ油などを使わず、ラードを使っているからなのです。

そのため、焼き上がりがカリッとした食感に仕上がるのです。
また、ラードのおかげで、脂の旨味と風味が引き立ち、美味しさが倍増するのです。

お好み焼きの旨さ以外に、高知ならではの温かみが感じられるお店で、同じ関西出身の同僚とお店に行くたびに、家でお好み焼きを焼いているような錯覚に陥るなぁ、と話しています。
がぶりんの大将はいつも笑顔で元気な明るい土佐っ子、そして、この大将の奥様がとても素敵な方で、我々関西のオッサンのマドンナなような存在です。

お好み焼き以外のサイドメニューは日替わりで、高知らしく酒に合うメニューに趣向がこらされています。
運が良ければ釣り好きの大将が釣り上げた、マグロやプリなどもメニューとして提供されます。

お好み焼き好きの高知の方、または関西出身の方は、ぜひ「がぶりん」に行ってみてください。

店名:がぶりん土佐山田店
住所:高知県香美市土佐山田宝町4-1-35
電話:0887-53-5566

餃子製造販売店 南森町いち五郎、餃子を食べながらビールを飲む贅沢

店名:餃子製造販売店 南森町いち五郎
住所:大阪府大阪市北区天神橋3丁目2-33 1F
電話:06-6242-8731

私は餃子がとても好きで、大食い大会があったら参加したいぐらいです。
白ごはんと一緒に食べるのも好きなのですが、餃子で飲むビールはさらに好きです。

私のように餃子とビールの組み合わせが好きであれば、おすすめのお店があります。
それが、南森町いち五郎です。

南森町いち五郎は、その名のとおり南森町駅近くにある餃子屋さんです。
餃子屋というより、餃子居酒屋って感じですね。

メインは餃子ですが、南森町いち五郎は餃子以外にもおつまみ類が豊富です。

餃子に関しては、様々な種類の餃子が楽しめるって感じですね。
どのメニューもリーズナブルな値段で、食べやすいです。

南森町いち五郎の餃子に関しては、大体400円前後で食べることができます。
味に関しても、やはり餃子に特化しているだけあってうまい。

ほどよくニンニクが効いていて、パリパリしています。
水餃子や揚げ餃子なんかもあるので、変化を楽しむことができます。

ビールとの相性はもちろん抜群なんですが、ハイボールとの相性も良いと思いました。
餃子だけでもけっこうお腹いっぱいになりますが、ご飯類や麺類のメニューも豊富です。

一品料理も美味しいですし、飲んでて飽きることはないと思います。
南森町いち五郎はお客さんが多く、活気があって良い雰囲気です。

注文はデバイスで気軽にできるのも良いですね。
餃子好きにはおすすめのお店です。

川菜味、広島駅近くにある陳健一の弟子がつくる本格四川料理店

広島駅新幹線口から歩いて6分くらいで到着するのが四川料理の川菜味です。
川菜味のシェフは陳健一さんのもとで21年も修業したそうで、味の深みが全然違うのです。

黄色い看板が目印で、川菜味の川の字は唐辛子のロゴになっています。
既に四川料理っぽい雰囲気を漂わせていますが、中に入ってみると赤の窓枠やラインが入ったインテリアに、黒い椅子がいい差し色になっています。

川菜味のランチメニューはマーボードーフ定食、鶏のから揚げ定食(ともに850円)チンジャオロース定食950円などですが、これはメインのほかにライス、玉子スープ、サラダ、香の物に杏仁豆腐がついてきます。

しかし、私が川菜味でお薦めするのは、汁なし担々麺(700円)です。
広島は汁なし担々麺の人気が全般的に高いのですが、川菜味はやはり一味違います。

とにかく、麺の茹で加減はコシを残しつつ、のど越しも素晴らしいし、そして担々麺の下に隠れた肉そぼろと混ぜる汁があまりのおいしさに、ついハフハフ食べすすんでいきます。

が、そこは四川料理です。
口に含んでしばらくたつと、じんわりと突き刺すような辛さが一瞬遅れてやってきます。

しかし、その辛さは八角やクローブ、山椒をはじめ様々なスパイスを配合してできている辛さだけに、どこか心地よいのです。
やはり本格的な四川料理はマーボードーフを食べても、豆板醤やラー油、そして山椒の配合具合の絶妙さに、川菜味の四川料理のレベルの高さが実感できます。

夜はもちろんほかの中華料理メニューも数多く提供されますので、紹興酒片手に舌鼓を打つのもおすすめです。
広島駅周辺でおいしい四川料理を食べたいときには、少し足を延ばして、絶妙な四川の味を堪能してほしいお店です。

店名:川菜味
住所:広島県広島市東区光町1-6-22 光町ハイム 1F
電話:082-261-6837

美麗、広島駅前百貨店11階にあるアクセス抜群での絶品中国料理店

広島駅南口から地下連絡通路でつながっている福屋は、昭和4年に広島で初めての百貨店としてオープンした老舗百貨店です。
地元に愛されてきた、その駅前デパートの11階レストランプラザにあるのが中国料理 美麗です。

美麗の中に入ると、クリーム色の壁に円卓が並んでいます。
隣とのスペースはそれぞれ開いていますので、気兼ねなく会話が出来ます。

美麗はランチも数種類あり、酢豚セットが1350円、鶏の唐揚げセットが1100円、エビチリソースセットが1580円などです。
それぞれにサラダとご飯(またはお粥)に、玉子スープ、ミニ点心に高菜、そして杏仁豆腐のようなミニデザートがついてきます。

ご飯かお粥はお替り自由だし、多くの種類がついてくる、これらのランチもお得なのですが、美麗でわたしがだいたい選択するのが「五目あんかけ揚げそば」(1080円)です。
この味のレシピは、老舗の広島グランドホテルの中国料理店の元シェフのものを踏襲しています。

なにしろ、自分が満足する味を出すために、そばも自分で打つというこだわりよう。
それを熟練の技でパリパリに揚げて、これまた絶妙な配合のとろみあんといかやエビ、ホタテ、豚肉やきくらげなどとさっと合わせるのです。
これだけの情熱を込めて作っているレシピだけに、このメニューははずせないのです。

美麗のもう一つの自慢は、広い窓から見える広島駅北口の景色です。
百貨店の11階なので、広島駅を含む北側の景色が一望に見渡せます。

広島城から鬼門にあたるとされたこのエリアは山がちで、その合間に多くの神社や寺が建てられました。
山の緑と寺のコントラストが見事な景色なのです。

広島駅あたりで美味しい中華を探しているときは、ぜひ美麗を訪れてみてください。

店名:チャイニーズレストラン 美麗(メイリー)
住所:広島市南区松原町9-1 福屋 広島駅前店 11F
電話:082-568-3777

元祖たこ判 小前、香川県三豊市にある安くて美味しい粉物料理

三豊市仁尾町にある元祖たこ判小前は、大判焼きのプレートにたこ焼きを作るという斬新な形の粉物料理です。

一番のオススメ料理は卵たこ判です。
一個の値段が150円です。

こちらの値段設定は先代の小前とし子さんが、小学生のお小遣いでも購入できるように設定した値段です。
そのため地元の小学生がたくさん訪れるお店です。

最近では香川県三豊市が近くの海水浴場をインスタ映えするスポットとして全国的に宣伝している効果もあり、元祖たこ判小前にもたくさんの人が全国各地から訪れています。

卵たこ判以外にも様々な種類のたこ判や通常のたこ焼きなどが販売させています。
また時期によってはかき氷やアイスクリームなども販売しています。
お正月付近になると、お正月料理に欠かせないおもちの販売もしています。

元祖たこ判小前スタッフの接客も非常に気さくな感じです。
家族経営で、時々小学生や中学生も一緒にお手伝いをしているのですが、非常に明るい子供で、見ていて元気をもらえます。

作成しているのは40代の女性で、お客様の目の前でたこ判を作ります。
焼きたてのたこ判は香ばしくて、一度食べたらやみつきになる事間違いないです。
何回でも食べたくなる味です。

店名:元祖たこ判 小前
住所:香川県三豊市仁尾町仁尾辛33-9
電話:0875-82-3189

味の郷 こばりどん、福島県三春町にあるリーズナブルな価格の本格洋食店

福島県の田舎町三春の隠れた名店である味の郷こばりどんでは、本格的な洋食をリーズナブルな価格で味わうことができます。

中でもオススメのメニューはハンバーグです。
メニュー名がこばりどんのハンバーグとなっており、店名を入れているかなり自信のあるハンバーグとなっています。

都内の本格洋食レストランで食べたハンバーグよりも肉質で、とにかく柔らかい食感でとても味わい深い一品です。
そして値段が何と1000円で食べることができるのです。

しかも、ご飯、みそ汁、サラダ、ドリンクがついてこの値段で食べれるので、かなり良心的な価格設定になっていると思います。
ご飯がお替り自由なので、男性の方でガッツリ食べたい方にもオススメできるメニューとなっています。

こばりどんは、他にもオムライスやエビフライなど、定番の洋食も食べることができます。
テーブルから厨房の様子などが見えるようになっていて安心感も与えてくれる店内となっています。

こばりどんは、男性スタッフのみでの営業となっていますが、皆さん優しく出迎えてくださるのでリピートしたくなります。

店名:味の郷 こばりどん
住所:福島県田村郡三春町大字斎藤場上田291-2
電話:024-956-8333

雰囲気もオシャレなのでカップルでくるのもオススメです。

炭焼きレストランさわやか 浜松篠ケ瀬店、げんこつハンバーグは静岡に行くなら食べなきゃ損!

さわやかは、静岡県民の隠れたソウルフードとも言うべき「げんこつハンバーグ」が食べられる、炭焼きレストランです。
静岡県にお住まいの方であれば、知らない方はいらっしゃらないのではないかと思うくらい、誰もが知っているレストランで
す。

けれど、さわやかは静岡県以外には店舗がなく、通信販売なども一切おこなっていないため、他県では食べることができないんです。

さわやか看板メニューは、「げんこつハンバーグ」。
牛肉100%のみを使用した、大きなハンバーグなのですが、これがもう絶品なんです。

まず、形状はその名の通り「げんこつ」型。
まんまるなんです。

このハンバーグが鉄板にのせられて運ばれてきて、スタッフの方が目の前で二つに切ってくださいます。

中身はまだほとんどレア!
それを鉄板に押し付けながら、食べていきます。

因みに、さわやかが静岡県以外に店舗を作らないのは、この牛肉の鮮度を殺さないためであると言われています。
そのくらい、鮮度や安全性にもしっかりとこだわりを持っているレストランですので、小さいお子さんやご高齢の方まで安心して食べることができるんですよ。

店名:炭焼きレストランさわやか 浜松篠ケ瀬店
住所:〒435-0042 静岡県浜松市東区篠ケ瀬町1232
電話:053-421-8911

バーミヤン練馬豊玉店、じっくり煮込んだ牛肉の中華醤油煮込み

店名:バーミヤン練馬豊玉店
住所:東京都練馬区豊玉北4-4-3
電話:03-5999-7175

バーミヤン練馬豊玉店において、肌寒い季節になると特に食べたくなってくるのが、じっくり煮込んだ牛肉の中華醤油煮込みです。

こちらは牛肉とほうれん草が主役となっており、特に牛肉に関しては一口サイズで切られた柔らかいお肉が何枚も入っていて、ボリュームは抜群です。

本当にとろけるような感覚で食べることができますから、美味しさもそうですけど、心地よさも味わえる一品なのです。

食べている感覚としてはビーフシチューのような印象も受けますけど、それが中華風になっていると思ってもらえると良いです。

量がちょっと少ないと感じる人もいると思うので、これ以外にも別にいくつかのメニューを注文すると良いと思います。

値段は899円と比較的安いですから、他にも美味しいメニューを楽しみながら、バーミヤンのじっくり煮込んだ牛肉の中華醤油煮込みを食べていくと良いと思うのです。

バーミヤンは魅力的なメニューが結構あるので、複数注文していくこともおすすめですし。

ただ、実際にバーミヤンに来店したときには、このじっくり煮込んだ牛肉の中華醤油煮込みは、ぜひ思い出してみてほしいと思います。

ラシュミネ、神戸市東灘区にあるミシュランガイド掲載のフレンチ

店名:ラシュミネ La Cheminee
住所:兵庫県神戸市東灘区岡本1-11-21 グレイス岡本ビル 2F
電話:078-453-1301

ミシュランガイドにも掲載されたほどのクオリティの高い料理を気軽にランチで楽しめるお店が、こちらのラシュミネです。
本場フランスでも修業を重ねたベテランシェフが腕を振るう料理は味もさることながら見た目も芸術的です。

ラシュミネ店内はシックで落ち着きある上品な空間です。
地野菜を中心とした彩も美しい料理を味わえます。

ラシュミネの夜はワイン片手にアラカルトを楽しめますが、おすすめはランチ。
ランチならミシュランの味を1900円から楽しめるとあり、連日女性を中心ににぎわうお店です。

Aランチはメインにスープ、パン、ドリンクがついています。
Bランチならプラス前菜とデザート、Cランチならさらに、魚料理、肉料理がついた充実のコースです。

ラシュミネおすすめはBランチ2600円から。
メインが魚か肉から好みで選べますし、デザートもついたプチコース。
メインは日替わりで用意されているので当日のお楽しみですね。

訪れた日は、イトヨリのポワレ。
見た目が芸術的なプレートです。
ソースが泡状になっており、初めていただく不思議な食感。美味しいポワレをいただきました。

デザートのコンポートも手抜きなしの美味しさで、大珠実の内容です。
夜のコースは5500円から。

ラシュミネは、大切な記念日にも使いたくなる素敵なフレンチ店です。

リアン、北海道札幌市にあるミシュラン1つ星獲得のフレンチレストラン

店名:cuisine urbaine lien (リアン)
住所:北海道札幌市中央区大通西20丁目3-10 MOR20 1F
電話:011-641-4870

札幌の高級住宅街である円山に位置するミシュラン1つ星獲得のリアン。
リアンは、北海道食材を存分に生かした贅沢フレンチが楽しめます。

ランチでリアンに来店したのですが、2,400円(メインは豚肉)、3,000円(メインは豚肉と魚)、5,000円(メインは羊肉と魚)の三種類のコースから選べます。

私が来店した時は、5,000円のコースをチョイス。
前菜からスープ、メインの全てのお皿でエビやホタテ、ウニ、ほっきなど、北海道らしい海の幸がふんだんに使われていてとても豪華です。

メインのお肉の付け合わせに、美味しい道産じゃがいもで作られたマッシュポテトが添えられているのも、なんとも北海道らしいです。
アレンジの仕方も素晴らしく、個人的には甘い人参のムースと甘エビの組み合わせが逸脱でした。

リアン店内は4人掛け2席、2人掛け2席の全4つのテーブル席で、こじんまりとした作りで落ち着きます。
シェフ1人に店員さん1人という、二人体制ですが、しっかりお客さん全員に目が行き届いていて、細やかな接客をされていました。