札幌市中央区、大衆的な中華が美味しい一条まるふじ

店名:一条まるふじ
住所:北海道札幌市中央区南一条西11-327-18 1F
電話:011-233-2228

一条まるふじは、頻繁にランチに利用しますが、こちらの中華屋さん、とてもコスパが高いのです。
平日の月~金曜日にやっている日替わりランチは650円で、毎日、今日の日替わりは何かな?とメニューを見るのが楽しみなほど、バリエーションが豊かです。

毎週金曜日は、大抵カレーライスなのですが、チキンカツカレーや牛すじカレーや、シーフードカレーなど、カレーだけでも豊富ですし、月~木のメニューは、本当に多種多様です。
一条まるふじは中華居酒屋なのに、カルボナーラやタコライスが出ることもあります。

ですが、私が日替わりランチでなく、普通のランチメニューからよく注文するお気に入りが、黒酢酢豚定食です。
大きくカットされトロトロに煮込まれた豚バラブロックを素揚げし、たっぷりの大ぶりなキクラゲと青梗菜が黒酢あんで絡められています。

酸っぱすぎないまろやかな黒酢あんの味付けが最高で、しかも豚が角煮を揚げたものなので、箸ですっと切れるほど柔らかく、ジューシーで、とてもご飯に合うのです。
5cm四方くらいの大きなお肉が4つ程ゴロゴロと入っていて、ご飯がいくらあっても足りません。

その他に副菜は日替わりで家庭的な煮込み料理等がついて、お漬物、スープがついて700円です。
どんな高級中華屋さんの酢豚よりも、私は一条まるふじの酢豚が一番好きです。

また、お店の雰囲気がとても大衆的で、畳敷きの掘りごたつの広間に、元気なお姉さんの店員さんが注文を取りに来てくれます。
テキパキしてとても感じが良いし、ランチのお冷を、ビールの中ジョッキで出すところも、一条まるふじは堅苦しくなく好感のもてるお店です。