相続税対策は生前贈与の活用が王道

tax

相続税対策は早くスタートさせた方ができることがたくさんあります。
特に資産がたくさんあるという人は、財産の継承時には税率が高額となることが多いことから、しっかりと準備をしておく必要があります。
まだ、相続税対策には早いと考えている人は、本人が亡くなってしまうと何もできなくなることを知っておくべきです。

そういった中、生前贈与を利用した方法は、まさに王道といっていいでしょう。
贈与税は110万円までは非課税であるからです。
つまり毎年一人につき110万円までは、合法的に無税の相続税対策が可能ということでもあります。

しかし、ただ単純に110万円を機械的に実行しておれば、後に税務署に税金逃れとして一括して贈与税の納付をさせられることになりかねません。
相続税対策として生前贈与を利用するには少し工夫をすることが必要なのです。

生前贈与を利用するのに最も良い方法として、110万円より少し多めに生前贈与をして、少しだけ税金を支払うという年を数年に一度加えるということです。
贈与税を払うことに抵抗があるかもしれませんが、これでも相続税を支払うよりもはるかに安くつくことは間違いありません。
損して得とれ、ということですね。

参考にしたサイトです。
紹介テーマ:相続税対策(https://www.souzokuzei-guide.com/

生前贈与で相続税対策

夫の父親が亡くなった時に、長男だった私の夫は相続税の事なので、いろいろな事が起こり、とても大変でした。
一人っ子の私が親の遺産などを受け継ぐ時は、どんな風になってしまうのか?と悩みや不安も出てきました。

しかし、その悩みを持った当時は両親共にとても元気な状態でしたので、遺産などの話しをこちからから切り出す事は出来ない状態でした。
しかし、私の仕事上、税理士さんと話しをする事があるので、その時に相続税の事についていくつか相談をしてみました。

すると、私の様なケースは生前贈与が一番、相続税対策が出来ると言われたのです。
いつくか提案してもらった中で、両親に話やすいタイプを選び、一度じっくり遺産について話が出来ました。
両親も理解をしめしてくれて、私が相続税対策として行った事は、毎年、両親から110万円以内で生前贈与していただく事をしました。
今、現在もそれは実行中ですが、両親から私や私の子供に年間110万円を生前贈与していただくお金に関しては非課税なのです。

これをしておくと、もし、両親に万が一のことがあっても、大きな金額が遺産にならないので、かなりの相続税対策になっていると感じています。
家は特に資産家でもないので、何年間かこの状態を続ければ、生前贈与として遺産を頂きながら、非課税で済むと言う流になっています

相続税対策は命ある段階から安全な生前贈与

相続税に関するルールは短いスパンで変わることがあります。
亡くなった親族の方はきっと多くの額を息子や孫に残したい、なるたけ国庫に取られることなく事を終えたいと想うはずです。

相続税は決して安くはありません。
死んでからそのトラブルが極力少なくなるように対策することが出来ます。

まず、相続税対策として出来ることは、贈与税を計画的に行なうことです。
これは、亡くなってから財産を一度に譲り受けるのではなく、生前からも少額ずつ子孫に財産を分け与えることを指します。

贈与においても税金が発生する場合があります。
税金が発生しない限度額を計算した上で、贈与を行えば更に税金対策となります。

一年ごとに贈与していたと言っても、それは本人間だけでの約束事であって、他に証明することはできません。
よって、悔しい話ではありますが、税務署が単に早めに財産を前払いしていたと判断したら、それは生前贈与ではなく、単に分割しただけの相続となります。
こうなると、税金のかかる割合が代わってきます。

余計な税金がかからないようにするには、贈与を行なう際に、互いに合意の上で贈与を行ったという証明になる契約書を交わすことです。
一枚ずつ作った契約書を両者は保存しておくことで、生前贈与の証明となります。
これによって相続税対策となります。