北海道札幌市の弁護士無料電話相談の体験談

私には、北海道札幌市にまとまった不動産物件や預貯金があり、それを子ども達に相続しようと思い、弁護士に相談する事にしました。
すると、思った通りに相続させるには、遺言状を作るのが最適だと言われました。

遺言状なんて仰々しいと思ったのですが、私が亡くなった後に子ども達にもめごとがおこらないように作っておくのが最適だと思ったので、弁護士さんの言う通り遺言状を作ることにしました。

私は次男に一番多く財産を相続させたいという気持があったので、それを盛り込んだ遺言状の作成を相談しました。
それを書かなければ、子ども達3人で均等に財産を分割する事になり、それだけは避けたいと思っていたからです。

次男は結婚当時から私達夫婦と、北海道札幌市で同居してくれていたので、色々と迷惑や手間をかけているので、なるべく多く相続財産を残してやりたかったのです。
遺言状の作成料は20万円程度と安いとは言えませんが、後々のもめごとを避けるにはこれ位の費用は仕方ないと思えます。

遺言状の作成のために、何度か北海道札幌市の法律事務所に通って弁護士と色々な相談をして、最終的には公証役場で完成させました。
私が亡くなった後にこれが開封され、ここに書いてある通りの相続財産分割になると思うと、安心して老後が暮らせます。

参考:北海道の弁護士に無料電話相談

北海道札幌市の相続で弁護士無料電話相談

北海道札幌市の実家の父が亡くなり遺産を相続することになったのですが、全く知識もなく困っていました。
親戚からのアドバイスもあり、弁護士事務所へ電話してから相談することにしました。

祖父の代で依頼したことのある北海道札幌市のの法律事務所からは、祖父の死後も毎年年賀状が届いていました。
その事務所へ電話でアポをとってから相続の無料相談に行きました。

北海道札幌市の法律事務所では、面談室と書かれた小さなブースへ通されました。
アンケートのような紙に記入しながら待っていると弁護士が入ってきました。
挨拶のあとに簡単な説明を受けてから、面談が始まりました。

弁護士と話をする上で最も困ったことは、一般的な話し方が通用しないことです。
経緯を事情を説明していると途中で遮られて「そういう話はいりません」とピシャリ。

再三「法律的に」という言葉を発言するのですが、その「法律的に」という意味がよく分かりませんでした。

相続について相談して良かったことは、やはり法律の専門家から「これは大丈夫です」「問題ありません」などと言ってもらえることでとても安心ができたことです。
また、問題のあるような事柄については、改善方法や対処方法を教えてくれました。

特に相続財産に不動産がある場合は、遺産分割協議書の書き方や登記などいろんな手続きが一連の流れで存在しているので、弁護士へ相談していなければ大変なことになっていたかもしれません。

北海道の対象地域

札幌市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、夕張市、岩見沢市、美唄市、芦別市、赤平市、三笠市、滝川市、砂川市、歌志内市、深川市、小樽市、余市、室蘭市、苫小牧市、登別市、伊達市、旭川市、士別市、名寄市、富良野市、留萌市、稚内市、北見市、網走市、紋別市、帯広市、釧路市、根室市