酒楽家 かなと、JR八尾駅近くの隠れた居酒屋の名店

JR八尾駅から徒歩5分程度、昔ながらの家並みが続く住宅街にあり、地元の雰囲気にマッチした落ち着いた外観がアットホームな雰囲気を感じさせるのが、焼き鳥が名物、地元で根強い人気を誇る居酒屋「酒楽家 かなと」です。

かなと店内の雰囲気は、外観と同じく、とにかくアットホームな感じです。
古民家風の和の落ち着いた雰囲気を感じさせる店内には、掘りごたつの席もあり、ゆっくりと会話を楽しみたいママさんやお子様連れの方にも最適なお店ではないかと思います。
(かなと店内は全席禁煙となっており、小さいお子様にも安心です。)

お店で出される焼き鳥は、とにかく新鮮!
特に子供から大人まで人気なのがつくね串です。

たまごの黄身に絡めながら食べる大ぶりのつくね串は、噛むと肉汁溢れ出し、甘みが口の中に一挙に広がります。
その辺のチェーン店のお店とは、比較にならないほど美味しさです。

もちろん、かなとはその他の焼き鳥も、定番の「ねぎま」から「とりきも」など、どれも一級品の美味しさで、値段も2本セットで400円前後の金額でそこそこリーズナブルです。

また、好みはありますが、「地鶏の刺身盛り」や「ささみの湯引き」は臭みもなく、新鮮だからこそ楽しめる歯ごたえ、甘み、そしてうま味が口の中いっぱいに広がります。

かなとで女性に一番人気のメニューは、「じゃがパリサラダ」で、カリッと油であげた千切りのポテトと盛り合わせの野菜を一緒にほおばって食べるのがおススメの食べ方です。

その他、季節に応じて旬の新鮮な魚介類も1皿500円前後の金額で豊富に取り揃えています。

私がかなとで特におススメしたいのは、絶品の鶏がらスープで味わう名物の「とり鍋」をメインにしたボリュー満点の90分飲み放題付きのコース。

こちらのコースは、4名以上からで1名につき4,500円、「とり鍋」のほか、「お造り」や「じゃがパリサラダ」、「やわらかチキン南蛮」などのお店イチオシのメニューが存分に味わえます。

八尾に来られた際は、地元民から愛されている「酒楽家 かなと」に、ぜひ立ち寄ってみてください。
(お店はさほど大きくありませんので、出来れば事前予約されることをおススメします。)

店名:酒楽家 かなと
住所:大阪府八尾市植松町5丁目6-7
電話:050-5861-2073