八王子にある自然食バイキング「はーべすと」でお腹も心も満足。

八王子市南大沢のアウトレットパーク内に、「はーべすと」という自然食バイキングのお店があります。
野菜をたくさん使った体にやさしいメニューが豊富で、特に女性に人気です。

アウトレットパーク内の店舗ということもあり、土日のお昼時は混雑していることが多いので、平日に行くことにしています。
はーべすと店内は広くゆったりしたつくりで、多少混んでいても落ち着いて食事ができます。
料理が置かれているすぐ向かいに厨房があり、中の様子が丸見えなのも、隠し事のない感じで安心感があります。

はーべすとの店員さんたちは皆てきぱきしていて、厨房との連携がうまくとれているように見えます。
少なくなった料理はなくなる前に新しいのと交換され、「できたてでーす。」と大きな声で教えてくれます。
客用のお皿は細かくしきられていて、たくさんのものをちょっとずつ盛られるように工夫してあり使いやすいです。

バイキングなのでどんな料理も取り放題ですが、特にはーべすとでおすすめしたいのは鯖の塩麹焼きです。
やさしい味で、一切れが小さいのでいつも5切れくらい食べてしまいますが、体に良いので食べ過ぎても気になりません。
くせがあるので好き嫌いが分かれるかもしれませんが、カレースープや薬膳スープも個人的には大好きです。

平日の昼は一人1600円くらいです。
時間制限がありますが、いつもその前にお腹いっぱいになり、心も満たされます。

店名:はーべすと
住所:東京都八王子市南大沢1-380
電話:042-670-5688

渋谷駅から少し足を伸ばした先に佇む、「ザリガニカフェ」。

NHKの近くにひっそりと佇むザリガニカフェ。
店長のこだわりが感じられるインテリアが素敵な店内、その日に来てくれているお客様の客層に合わせた選曲、こだわり抜かれた美味しい料理の数々と出会うことができます。
なんといっても、これだけのクオリティでこれだけリーズナブルにいただける、というのも魅力の一つです。

店名:ザリガニカフェ(Zarigani Cafe)
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町6-11 原宿パークマンション
電話:03-5459-0655

プレート料理は1000円前後でいただけます。
手作りのドレッシングから、その時々で違う副菜の味付け、メインはどこかで食べたことのある料理なはずだけど、店長のこだわりが感じられて全然別物の美味しい量にが召し上がれます。

ザリガニカフェ一押しのメニューは、アップルパイです。
あったかいアップルパイに冷たいアイスクリームが載っている贅沢な一品です。
選べるソースは、ハニー/ベリー/チョコレート/キャラメル/オレンジです。
アップルパイの概念が覆ると言っても差し支えありません。

ザリガニカフェの接客については、何度もお客様に対してお伺いをたてることはなく、無駄のなくすっきりとした接客となっています。

茨城県つくば市、濃厚つけ麺の名店「活龍本店」。

彼氏と晩御飯にラーメンを食べたくて、カーナビで検索をかけて向かいました。
活龍本店の駐車場は結構狭いです。
車を出す時に何回か切り替えして出庫しました。

活龍本店の場所も大型スーパーの道路を挟んだ目の前にあり、お店は小さく看板はシンプルで、停まっている車で隠れて見えなかったので初めて行った時は分からず通り過ぎてしまいました。
家族連れがテーブル席におり、カウンター席はほとんど男性で埋まっていました。
私はタイミングよく待たずに食べることが出来ましたが、すぐに何組も待ちが出来ました。店内は広くないため、待つときは外になります。

私は坦々麺を注文。
彼は肉つけ麺を頼みました。
まず太麺なのが嬉しかったのと、麺自体がとても美味しいです。
スープはドロドロしており、こってり系が好きなのでとても満足する味でした。

活龍本店の店員さんはお兄さんが数人いました。
ラーメン屋ではよくある元気な接客対応で、好印象でした。

今回初めて訪れましたが、都内で開かれるラーメンつけ麺のイベントに茨城県として参加している広告を見て、実力のあるお店なのを知りました。
活龍本店、絶対にまた行きたいです。
どのメニューも魅力的なのでどれも食べたいです。

店名:活龍本店
住所:茨城県つくば市筑穂1-10-13
電話:029-864-8889

姫路で落ち着いた時を過ごせる店「ダイニングカフェ ルポ(Dining cafe Repos)」。

姫路で友達同士やカップルだけでなく、お子様連れの方にもおすすめしたいお店。
ダイニングカフェ ルポ店内は、ゆったりとしたテーブル席から、奥にはソファ席も6席ほどあって、隣との席も近すぎずくつろげる空間です。
空間的な満足感を感じたあとはメニューを拝見すると、がっつりお肉から野菜、こちらのお店がカフェでもあるのでパンケーキがたくさんあります。

中でも本日のプレートランチは1000円と手頃なお値段で野菜、お肉、ご飯かパン、スープなどが食べられます。
量も決して少なすぎず、ワンプレートで女性には丁度いいです。
特に野菜が多めなところが特徴といえます。

またおしゃべりで長居してしまう女性たちにもお水を何度も入れに来てくださったりと、ダイニングカフェ ルポの方の対応もとてもいいです。
プレートランチ後にはプラス200円でコーヒーか紅茶もつけることができ、これもまた嬉しい点でついついくつろいでしまいます。

もちろんカフェ利用でパンケーキを目的に訪れてもOKです。
フルーツたくさんでボリュームのあるパンケーキが食べられます。

ダイニングカフェ ルポの奥には個室ではありませんが、ソファ席の中でも暖炉があっておしゃれな2、3組限定のソファ席もあり、デートや誕生日会など特別な時を過ごされる方にもいいと思います。
カフェとしては店内全体の席数も多めのお店なので、すこしのんびりとおしゃべりして過ごしたい方にはぜひおすすめです。

店名:Dining cafe Repos(ダイニングカフェ ルポ)
住所:姫路市呉服町48 ハトヤ第一ビル1F
電話:079-222-8160

大人のデートに最適な隠れ家的レストランバー「ディープブルー横浜」。

みなとみらい線、馬車道駅からすぐの隠れ家的レストランバー、ディープブルー横浜。
ディープブルー横浜の外観は地味で、一見どこが入口かわからない。
重いガラスの扉を開け、店内に入るとムーディーな照明に照らされた階段、入口から続く水槽は店内全体に設置されている。

カウンターバーもあれば大人数で座れるゆったりとしたソファ席もあり、レジ横の扉の奥には半個室のペアシートが大きな水槽を囲むように配置されている。
足元は白い砂、ソファの耳元にあるスピーカーからは波の音が聴こえ、まさに二人だけの空間が演出されている。

コース料理、アラカルトとメニューも豊富で、食材にもこだわりその日のお勧めを紹介してもらえる。
価格は比較的高めに設定されているが、ボリュームも多く物足りなさは感じない。

横浜でアクアリウムと言われると、海の食材がお勧めなイメージがあるが、ディープブルー横浜お勧めは肉料理全般。
メニューにない料理も臨機応変に対応してくれるので、苦手な食材や食べたい物など、気軽にスタッフに相談出来る。
料理を出すタイミングも素晴らしく、二人の会話の邪魔にならないよう配慮されていると感じた。

お酒の種類も豊富で、ソフトドリンクもあり、オリジナルカクテルなどもオーダー出来るので、お酒の弱い相手とでも十分楽しめる。
明け方まで営業しているので、夜のゆったりした時間を過ごすのにはお勧めのお店でしょう。

店名:ディープブルー横浜(deep blue yokohama)
住所:神奈川県横浜市中区海岸通4-17 東信ビル1F
電話:045-650-7605

川西で手打ちうどんそば処一番人気店と言えば「てん川」です!!

「てん川」の最寄り駅は阪急宝塚線雲雀丘花屋敷になります。
駅から少し離れているので車が便利です。

メニューはうどん、そばに加え、丼物もあります。
うどん、そばは温かい物から冷たい物まで数多く有ります。

うどんの手打ち麺はやや太めのシコシコ麺、おだしは鰹と昆布の本格おだしでおいしさ抜群です。
その基本を大切にアレンジされるカレーうどんは、てん川のおすすめになっています。
そのメニューの多さにも驚かされます。

カレー好きの方には必見です。
足を運ぶ度にメニューを変えて味わってみることができます。

もちろん同じ物でも堪能できます。
てん川には、日替わり定食もあり、常時3つのメニューから選ぶことが出来、デザート付きの物でも1500円まででいただけます。

その他定食も数多くあります。
その中のコロッケ定食が特にボリューム満点でおすすめしたいと思います。

うどん、そばのどちらかとあげたて熱々のコロッケ2個と野菜、それに白ご飯、香の物がついています。
うどん、そばは温かい物、冷たい物から選べます。

価格は880円です。
接客態度も親切丁寧です。

あと、うどん、そばを入れる器がとても味わいある物ばかりでそれがよりおいしさを引き立てています。
是非足を運んでみてください。

店名:てん川
住所:兵庫県川西市加茂3-3-35
電話:072-759-7117

ゲーム好きな人もそうじゃない人もかつての良テレビ、東芝ZP3。

4kテレビ等続々と高画質テレビが登場していきますが液晶テレビも未だ大きなシェアを占めていると思います。
タイトルにもありますが私が所有しているZP3というテレビ。
東芝の液晶テレビになりますが、zp2シリーズだと32インチも選べますが、ZP3は37インチと42インチの2種類しか無いので小さめのテレビが良いという方は少々ネックでしょうか。

テレビが大きくなると残像や遅延など気にする方も出てくるかと思います。
東芝の液晶テレビZP3シリーズはそういう方にも配慮したゲームモードを搭載し応答速度の遅れが少なく出来ます。

2017年現在でも何処のメーカーさんも心血注いでこれらの対応に取り組んでいると思いますが、ZP3発売当時2011年は画質に拘っていたメーカーが多かったので応答速度を気にする家電メーカーは少数でした。
某掲示板でもゲーム用のテレビが欲しいと掻き込むとまずはZP3と言われることも多く、ゲーム好きな方には大画面なのも相まって好評でした。

だからと言って画質を落としている訳でなく、レゾリューションプラス7という技術により画質に対する拘りも持っているので、尚のことゲーム好きな方には勧められたのでしょうか。
東芝BDレコーダーをお持ちの方ならレグザリンクを使用してリモコンを使い回したり出来ますし、レコーダーが無くともテレビ本体にUSBハードディスク装着で簡単に録画も出来るので、ゲームだけでなくテレビを見るのが好きな方もおすすめ出来るテレビだと思います。

日立洗濯乾燥機ビートウォッシュBW-DX110Aを購入、その使用感は。

日立洗濯乾燥機、ビートウォッシュBW-DX110A。
基本仕様についてはつぎのとおりです。

洗濯機スタイル:縦型 洗濯乾燥機
開閉タイプ:上開き
洗濯容量:11Kg
乾燥容量:6Kg
標準使用水量:118L
騒音レベル:43db
洗濯時消費電力:99/99 Wh
洗濯乾燥時消費電力量(50/60Hz):1890/1890 Wh
幅x高さx奥行き:幅(ボディ幅)×高さ×奥行:650(610)×1040×645(給水・排水ホース部を含みます。ボディ幅の寸法は手掛けを含みません。) mm
防水パンサイズ(内寸):540 mm
その他機能:風呂水ポンプ、カビ取り機能、予約タイマー、自動おそうじ、インバーター搭載、温水洗浄
質量:64 kg
カラー:シャンパン、シルバー

今まで使っていたシャープ洗濯機が突然、故障したのを契機に、奥様にせがまれ、急きょ近くの家電量販店に購入に行きました。
購入したのは日立洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-DX110Aです。

奥様および私の使用感などについた触れたいと思います。
まず、ビートウォッシュBW-DX110Aのデザインですが、スペースの関係で縦型になりましたがドラム式に比べ衣類の出し入れには適していると思います。

水量の確認も洗剤の使用量も簡単にチェックできます。
質感も従来のプラスチック感の強いものでなくメタリック調の高級感な仕上がりになっています。
ビートウォッシュBW-DX110Aの洗浄力ですが、容量も十分にあり、パワフルに洗浄してくれます。

また、静音性に優れていて、脱水時の嫌な振動が解消されました。
ほぐし脱水ができ、からまず衣類のしわを減らすことができます。

期待していた乾燥機能は、残念ながら時間をかけても生乾き状態です。
梅雨の衣類が乾きにくい時に最終仕上げに使えば結構効果がありそうです。
ビートウォッシュBW-DX110A、全体的に満足できる売れ筋の一台だと思います。

三菱電機製の液晶テレビREAL LCD-32BHR35。

私は今年で73才になるが唯一の楽しみがテレビ観賞であり特にミステリー作品が好きで録画しては夜寝る前に見て楽しんでいる。
現在設置しているテレビは三菱電機製の録画機能内蔵型のREAL LCD-32BHR35であり、500GBの録画容量がありしかも地上およびBSデジタル用共チューナーは3つで2番組が同時録画できると言う優れモノです。

この三菱電機製の液晶テレビREAL LCD-32BHR35に番組表から気に入ったサスペンスものを次々と録画して行くのである。
現在特に気に入っている番組はアガサクリスティーの原作による「ポアロ」である。
毎回探偵ポアロが殺人事件の謎解きをしていくストーリーの展開は見事で思わず拍手を送りたい程である。
このように、三菱電機製の液晶テレビREAL LCD-32BHR35は私の生活に欠かすことの出来ない必需品である。

しかしテレビアンテナの配線は33年前に家を建てたときのままであり時々アンテナの状態が悪く放送が受信できないことがある。
当時はテレビ台数は3台を想定して配線工事を行っていたが子供たちの成長と共に5台まで追加して来た。
これら追加したテレビへのアンテナ用配線工事は全て私の素人配線工事で対応して来たが今やデジタル放送時代となって配線自体の容量も不足している事も考えられる。

このように放送が受信出来ない時の混乱は大変なものである。
朝一番に電気工事屋さんに電話を掛け回して今すぐにでも修理をして貰うことに一生懸命となるのである。
これほどまでに私には三菱電機製の液晶テレビREAL LCD-32BHR35が生活に欠かせないものであり現在では妻以上の相棒と言えるでしょう。

シャープの加湿空気清浄機KI-DX50、気に入ってます!

KI-DX50は、4年ほど前に購入しました。
購入目的は、妻の花粉症と鼻炎対策のためであり、15畳ほどのリビングで使っています。
一番のお気に入りの仕様は、音声によるKI-DX50操作の補助機能です。

まず、電源を入れると、”頑張ります!”と答えます。
空気の汚れを感知すると、赤いLED表示と共に”お部屋の空気の汚れを感知しました、急いで綺麗にします!”と
の音声で注意してくれます。

数分後、空気がきれいになると、LEDが正常時の青に変わり、音声で”空気がきれいになりました。”と教えてくれます。
夏場になると、部屋の温度が高温(たぶん30度以上)になると、”お部屋の温度が高くなっています”と教えてくれます。

もちろん、加湿用の水が無くなった際にも”タンクの水が無くなりました”と訴え、補充すると”ありがとうございました。”との反応もあります。
就寝時には、電源を切りますが、その際には”またねー”と挨拶までしてくれます。

更に、KI-DX50の面白い機能として、何日か使わない(電源を入れない)でおいていると、”忘れられているのかな~。”
と、いじけた反応もあります。
まるで感情を持っているかのようなです。

KI-DX50のメインのスイッチ(プラグ)は、いつもONにしているので、無使用期間が何日か以上になるとセンサーが働くものと思います。
この”いじけ音声”の発声があれば、直ぐに、可愛いから、電源をいれます。

その後、”お久しぶりです”と可愛い返答が返ってくるのが、心にくいです!
総合的にみて、本当によくできた仕様に感心します。

今回の製品では、”音声応答”ですが、次のKI-DX50では、”音声認識”を期待します。
そのようになると、会話が成立すると思います。
楽しみな製品です。

一つのことに熱中すると、他のことを顧(かえり)みる余裕がなくなるということ。